格安SIMのmineo、+800円で「プレミアムコース」の有料試験実施……混雑時でも通信速度低下を回避 | RBB TODAY

格安SIMのmineo、+800円で「プレミアムコース」の有料試験実施……混雑時でも通信速度低下を回避

IT・デジタル モバイル

格安SIMのmineo、+800円で「プレミアムコース」の有料試験実施……混雑時でも通信速度低下を回避
  • 格安SIMのmineo、+800円で「プレミアムコース」の有料試験実施……混雑時でも通信速度低下を回避
  • ケイ・オプティコム モバイル事業戦略グループ グループマネージャーの上田晃穂氏
  • MVNO市場は今後、利用者層の中心がマジョリティ層へ拡大していく
  • コミュニティサイト「マイネ王」。利用者の意見交換や、運営側への要望、運営からの告知などに利用されている
  • ケイ・オプティコムではマイネ王を”mineoの成長エンジン”と捉え、とても重要視している
  • マイネ王の活性化が、解約の防止と新規ユーザーの獲得に貢献している
  • 混雑時に帯域が確保される「プレミアムコース」の有料トライアルを開始する
  • 変わりつつあるスマホの購入動向に対応していく
 ケイ・オプティコムは30日、携帯電話サービス「mineo」の事業戦略説明会を開催。混雑する時間帯に通信帯域を確保する「プレミアムコース」の試験運用のほか、大型キャンペーンなども発表された。

 事業戦略説明会には、ケイ・オプティコム モバイル事業戦略グループ グループマネージャーの上田晃穂氏が登壇。同氏はその冒頭、市場概況について説明した。それによれば、MVNO市場全体は2016年度末に820万回線を突破したとのこと。これまでは高リテラシー層を中心に利用が拡大してきたが、今後はマジョリティ層の利用者増が見込まれている。2019年度末には2,000回線にまで利用が拡大するという。

 mineoでは2014年6月にau回線を利用したAプランを提供、2015年9月からはドコモ回線を利用したDプランの提供も開始して、右肩上がりに成長を続けてきたという。なお2016年8月末には利用者が36万回線を突破している。同社の特徴的なサービスのひとつが、オンラインのコミュニティサイト「マイネ王」の存在。ここでは利用者が意見交換を行えるほか、運営側への要望を吸い上げることも、また運営から利用者にお知らせを告知することもできる。上田氏によれば、mineo契約者の約26%(10万人)が、このマイネ王に登録しているという。

■プレミアムコースの有料トライアルを実施

 ケイ・オプティコムでは「プレミアムコース」の有料トライアルを実施する。プレミアムコースとは、混雑時にもネットワークの帯域が確保されるサービス。これにより通信速度の低下を避けることができる。マイネ王で9月1日から9月13日まで体験者を募集し、抽選に当たったAプラン、Dプランの3GB/ 5GB/ 10GBプランの契約者各100名(合計200名)に対して、10月1日から11月30日までプレミアムコースを提供する。有料トライアルの利用料金は月額基本料金+800円となっている。
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top