東京五輪のPR拠点にウォークスルー顔認証システム導入……リオ五輪期間中に現地で | RBB TODAY

東京五輪のPR拠点にウォークスルー顔認証システム導入……リオ五輪期間中に現地で

IT・デジタル セキュリティ

「ウォークスルー顔認証システム」のイメージ画像。本システムはこれまでに国内のスポーツイベントなどでも運用検証が行われている。また同社はパブリックセーフティ先進製品、ネットワーク製品において、東京2020ゴールドパートナーとして参加している(画像はプレスリリースより)
  • 「ウォークスルー顔認証システム」のイメージ画像。本システムはこれまでに国内のスポーツイベントなどでも運用検証が行われている。また同社はパブリックセーフティ先進製品、ネットワーク製品において、東京2020ゴールドパートナーとして参加している(画像はプレスリリースより)
  • 今回導入されるのは、IDカードと顔認証を組み合わせた入退システム。IDカードをかざす際に一緒に顔認証を行い、ウォークスルーでの認証を実現しながら、なりすましや、IDカードの偽造などを見破る(画像はプレスリリースより)
 NECは20日、リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピックの競技期間中において、東京2020オリンピック・パラリンピックをPRする拠点「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」に、同社のウォークスルー顔認証システムが導入されることを発表した。

 「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」は、リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック競技大会期間中に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会と東京および日本をPRする拠点としてシダージ・ダス・アルテスという会場に開設されるもの。ウォークスルー顔認証システムは拠点内で、メディア関係者の入場管理用として使用される。

 同社の顔認証エンジン「NeoFace」を用いて、事前に撮影・登録したメディア関係者の顔画像と、ゲートに設置したカメラで撮影された対象者を照合して、リアルタイムに本人確認を行う。カメラの前で立ち止まる必要がなく、IDカード読み取り時に顔認証が行われるため、「なりすまし」や「IDカードの偽造」などによる不正入場を防止することが可能となる。

 同社では、今回の実績を元に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会での同技術の導入を提案していくとのこと。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top