ニ要素認証システム「SmartOn ID」に顔認証が新たに追加 | RBB TODAY

ニ要素認証システム「SmartOn ID」に顔認証が新たに追加

IT・デジタル セキュリティ

顔認証を利用したログオンのイメージ図。専用の認証装置は不要で、共有PCでも利用者を特定することができる(画像はプレスリリースより)
  • 顔認証を利用したログオンのイメージ図。専用の認証装置は不要で、共有PCでも利用者を特定することができる(画像はプレスリリースより)
 ソリトンシステムズは12日、ニ要素認証システム「SmartOn ID」を機能強化し、顔認証に対応させた新たなオプションを販売開始したことを発表した。

 「SmartOn ID」は、自治体や企業での情報流出を防ぐ本人確認ソリューションとして、二要素認証によるアクセス制御を可能としている。認証要素の一つとして、ICカード、指紋に加えて、新たに顔認証を利用可能とした。

 顔認証オプションにはNECの顔認証エンジン「NeoFace」を採用しており、PCやタブレット端末内蔵のカメラでも顔認証を利用することができる。

 顔認証を採用することでのメリットとしては、共有PCなどにおいても誰が利用したのかを特定することができ、ICカードやパスワード認証では起こりえた「なりすまし」を防げることが挙げられる。

 価格はSmartOn ID サーバーパックが¥720,000。顔認証ユーザーライセンスが¥2,000/ライセンスなどとなっている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top