最先端IoTだらけの近未来型ホステル! 福岡に8月オープン | RBB TODAY

最先端IoTだらけの近未来型ホステル! 福岡に8月オープン

 国家戦略特区として“グローバル創業都市”を目指している福岡市。その具体的施策のひとつとして「IoT開発拠点」も含まれているが、and factoryとBIJが、IoT体験型宿泊施設であるスマートホステル「&AND HOSTEL」を、8月上旬に開業することを発表した。

IT・デジタル ソフトウェア・サービス
「&AND HOSTEL」ダイニングカフェ
  • 「&AND HOSTEL」ダイニングカフェ
  • デバイス連動イメージ
  • Atmoph Window
  • Qrio Smart Lock
  • SmartEyeglass
  • Sleepion
  • BOCCO
  • iRemocon
 国家戦略特区として“グローバル創業都市”を目指している福岡市。その具体的施策のひとつとして「IoT開発拠点」も含まれているが、and factoryとBIJが、IoT体験型宿泊施設であるスマートホステル「&AND HOSTEL」を、8月上旬に開業することを発表した。

 「&AND HOSTEL」は、近未来のIoT空間を楽しめる、日本初の体験型宿泊施設だ。交流/セルフサービス重視で、廉価な宿泊が可能な「ホステル」の良さを活かしつつ、10種類のIoTデバイスを組み込んだ客室やダイニングカフェを設置。チェックイン/チェックアウトをはじめ、 空調管理、観光案内、 睡眠管理など滞在中のさまざまなシーンにIoT体験も組み込まれるとのこと。 主に訪日外国人の長期滞在需要を見込み、ターゲットニーズに合わせた価格設定、デザインで提供する。

 IoTデバイス開発を行っている各社が協力。具体的に設置されるデバイスは、スマホやタブレットと連携できるネットワーク接続型の高機能学習リモコン「iRemocon」(グラモ)、部屋にいながら世界の美しい風景が広がるデジタル窓「Atmoph Window」(アトモフ)、世界最小の接地面積のスマートキー「Qrio Smart Lock」(Qrio)、ハンズフリーでさまざまな情報を取得できる透過式メガネ型端末「SmartEyeglass」(ソニー)、使用者の睡眠をマネジメントする「Sleepion」(ティ・アール・エイ)、スマホでの調光や1600万色以上の調色ができるスマートLED照明「Philips Hue」(フィリップス ライティング ジャパン)、メッセージのやり取りが出来るロボット「BOCCO」(ユカイ工学)などとなっている。これらIoT技術開発のテストマーケティングの場としても活用される。

 さらに九州大学を始め、 福岡市を拠点とする研究機関・NPO法人・企業と連携を図り、IoTプラットフォームの構築や新たなIoTビジネスモデルの創出を目指す。なお、6月8日より「Makuake」でクラウドファンディングを実施する。

■&AND HOSTEL概要
場所:福岡県福岡市博多区
交通:地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅徒歩2分
構造:鉄骨造地上3階建
面積:381.78m2
宿泊定員:48名
用途:1F:ダイニングカフェ+客室  2F:客室+IoTルーム  3F:客室+IoTルーム
事業主:BIJ
運営・プロデュース:and factory
企画・運営:Free Spirit Japan
設計・施工:川崎木工、 Good Job Company
デザイン監修:design office TERMINAL
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top