IoTで駐車場不足を解消!?ドコモのスマートパーキングシステム | RBB TODAY

IoTで駐車場不足を解消!?ドコモのスマートパーキングシステム

 NTTドコモは6日、初期投資を大幅に抑えたコインパーキングを開設ができ、さらに都心の駐車場不足を解消することを目的とした「docomoスマートパーキングシステム」を開発したことを発表した。13日から実証実験を開始する。

IT・デジタル その他
実証実験のイメージ。システムとしては、スマートパーキングセンサーで駐車場の利用状況を取得し、クラウドで管理する(画像はプレスリリースより)
  • 実証実験のイメージ。システムとしては、スマートパーキングセンサーで駐車場の利用状況を取得し、クラウドで管理する(画像はプレスリリースより)
  • システムの構成イメージ(画像はプレスリリースより)
  • サービスの利用イメージ(画像はプレスリリースより)
  • バッテリーで5年間駆動するIoT機器「スマートパーキングセンサー」。空車状況をクラウド上のサーバーに送信し、ユーザーが専用アプリなどで空き状況の確認と、駐車予約が可能となる(画像はプレスリリースより)
 NTTドコモは6日、初期投資を大幅に抑えたコインパーキングを開設ができ、都心の駐車場不足を解消することを目指す「docomoスマートパーキングシステム」を開発したことを発表した。13日から実証実験を開始する。

 同システムは車の入出庫を感知するIoT機器「スマートパーキングセンサー」と、通信モジュールを搭載したゲートウェイ、クラウド上の駐車場管理サーバーで構成される。

 駐車場運営事業者は、従来は採算が合わなかった小規模な土地や、空き地の一時的な利用といった用途でも、短い工期で安価にコインパーキングシステムを開設&運用することが可能。その結果としてこれまでは活用方法がなかった空き地を駐車場として活用できるようになり、慢性的な都心の駐車場不足を解消する一手となる。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top