“初代”ルドルフ・毒蝮三太夫が出演決定…『ルドルフとイッパイアッテナ』 | RBB TODAY

“初代”ルドルフ・毒蝮三太夫が出演決定…『ルドルフとイッパイアッテナ』

エンタメ 映画・ドラマ

毒蝮三太夫/『ルドルフとイッパイアッテ』-(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 毒蝮三太夫/『ルドルフとイッパイアッテ』-(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 毒蝮三太夫/『ルドルフとイッパイアッテ』-(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 毒蝮三太夫/『ルドルフとイッパイアッテ』-(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 『ルドルフとイッパイアッテ』-(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 『ルドルフとイッパイアッテ』-(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 『ルドルフとイッパイアッテ』-(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 『ルドルフとイッパイアッテ』-(C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
  • 『ルドルフとイッパイアッテナ』- (C) 2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
井上真央と鈴木亮平を声優に迎え、児童文学の不朽の名作をフル3DCGアニメーションで映画化する『ルドルフとイッパイアッテナ』。このほど、NHK・Eテレのアニメ版で“初代” ルドルフをはじめ、全てのキャラクターの声を担当していた毒蝮三太夫が、本作に加わることになった。

大好きな飼い主、リエちゃんと突然離ればなれになってしまった黒猫のルドルフ。迷い込んだ長距離トラックで辿り着いた先は、大都会・東京。そこで出会ったのは、街で最も恐れられている大きなボス猫・イッパイアッテナ。ルドルフは故郷へ帰ることもできず、イッパイアッテナと共にノラ猫として生きていくことに。しかし、イッパイアッテナには、人間には知られてはいけない思いもよらない秘密があった…。

斉藤洋による原作は、1987年に初刊が発行されて以来、28年のロングセラーを誇る“日本一有名なノラ猫”シリーズ。一昨年10年ぶりに発売した第4巻までの累計発行部数は100万部を超え、国民的な児童文学として長く親しまれてきた。小さな黒猫・ルドルフには、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主演を務めたことも記憶に新しい井上さん。巨漢のトラ猫・イッパイアッテナ役には本作がアフレコ初挑戦となる鈴木さんが務めるほか、お調子者の猫・ブッチー役に八嶋智人、イッパイアッテナのライバルのブルドッグ・デビル役に古田新太らの参加が発表されている。

そして今回、追加キャストとして出演が決まったのが、毒蝮さん。1991年にNHK・Eテレ「母と子のテレビ絵本」にて放送されていたアニメ版で、主人公のルドルフをはじめ、イッパイアッテナ、ブッチー、デビルなど、全てのキャラクタ―の声を1人で演じ、その味のある朗読で人気を博していた。まさに芸能界で最も『ルドルフとイッパイアッテナ』に精通している存在といっても過言ではない、“初代”ルドルフの毒蝮さんが、本作で演じるのは、ちょぴり強面な長距離トラックの運転手。江戸っ子のような話し方で一見怖そうな印象とは裏腹に、ルドルフに優しく話しかけ気遣う、人情深く温かみのあるキャラクターとなっている。

毒蝮さんは、「やっぱり俺が出演しなきゃダメだろうと(笑)。いやいや、アニメに関わっていたときを思い出すと懐かしい。あのときは全部の役の声を俺がやってたから録音の後は1~2kgくらい痩せたんだよ」と当時をふり返り、「この作品は原作そのものに厚みがあって、それがアニメになって、立派な映画になって、素晴らしい作品になった」と、本作の出来にも太鼓判。「全国の少年少女だけじゃなくて、大人も楽しめる作品になったと思うので、『あー! 絵本で読んでたよ』『アニメで見てたよ! 映画も見に行こうよ!』って話しながら親子で見てくれたらそんなにいいことはない」と、その思いを語った。

また、すでにアフレコを終えていた“新”ルドルフ役の井上さんには、「井上さんは、声が可愛いよね! 声だけでも商売になるんじゃないかな(笑)。絵も可愛いし、俺が声をやっていたときよりもルドルフがとってもかわいらしくなった!」と毒蝮節を炸裂。従来ファン待望の毒蝮さんの出演にも注目していて。

『ルドルフとイッパイアッテナ』は8月6日(土)より全国東宝系にて2D/3D公開。

“初代”ルドルフ・毒蝮三太夫が出演決定「井上さんは声が可愛い!」 『ルドルフとイッパイアッテナ』

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top