開催迫るGoogle I/O 2016! Android N、新VR技術、デスクトップ版Androidの発表も? | RBB TODAY

開催迫るGoogle I/O 2016! Android N、新VR技術、デスクトップ版Androidの発表も?

IT・デジタル その他

「Google I/O 2015」の様子 (C) Getty Images
  • 「Google I/O 2015」の様子 (C) Getty Images
  • 「Google I/O 2015」の様子 (C) Getty Images
  • 「Google I/O 2015」の様子 (C) Getty Images
 米Googleは、現地時間5月18日から20日の3日間にわたって、開発者向けカンファレンスGoogle I/O 2016を開催する。発表内容に関して、さまざまな噂のある同イベントだが、開催日も迫ったところで、これまでの情報をまとめておこう。

■Android N

 まずは、最も外せない内容とも言える「Android N」。すでにプレビュー版がリリースされていて、多くの情報が解禁されている印象のある「Android N」だが、まだGoogleは「大きな秘密」を隠しているのではないかとも言われている。

 Google I/O 2016の基調講演では、「Android N」関連の重大な電撃発表を期待したいところだ。

■Chrome OSとの統合で“デスクトップ版Android”が登場?

 以前から頻繁に言われていることではあるが、Chrome OSがAndroidに統合され、Android のデスクトップ版が登場するのではないかという噂も、立ち消えることなく続いている。

 日本ではAppleのiOSに押されがちで、タブレットでの操作面などで不評のAndroid 。次期基本バージョンの「Android N」では、マルチウィンドウ機能などが搭載されて便利になるが、デスクトップ版と統合され、新たなユーザー体験が可能となれば、状況は好転するかもしれない。

■VR関連でも大きな発表が?

 Google I/O 2016では、「AndroidVR」と呼ばれる、Android向けのVR技術が発表されるのではないかとみられている。

 すでにダンボール製のVRセット「Google Cardboard」を開発している同社だが、VR全盛の時代にこれだけで満足することはないだろう。

 Google I/O 2016では、VR関連で複数のセッションが用意されており、GoogleがいかにVR関連技術を重要視しているのかが分かる。なかには、同社がVRで目指すことについて説明するセッションも設けられているので、新たなデバイスの発表なども期待したいところだ。

■YouTubeの有料オンラインテレビサービス「Unplugged」

 昨年、Google傘下の動画サービスYouTubeは、米国において有料サービス「YouTube Red」の提供を開始したが、さらに収益源を拡大するため、有料オンラインテレビサービス「Unplugged」を2017年にスタートするのではないかと噂されている。

 「Unplugged」は、Netflixなどに似たオンラインストリーミングサービスで、見たいテレビ番組がいつでもどこでも視聴可能、番組ごとの契約もできるとされている。

■自動運転車に関する途中経過も?

 IT企業各社が、人工知能の開発に奔走しているが、その一環として進められている自動運転車開発の途中経過についても伝えられるかもしれない。

 Fiat Chryslerとの提携を発表したことは記憶に新しいが、ついに自動車(車体)の生産を請け負うメーカーを確保できたことは、Googleの自動運転技術開発に追い風となったはず。Fiat Chrysler以外のメーカーとの状況や、その他新たな技術について発表はあるのだろうか。

■その他にも“目玉級”はある?

 先に伝えた内容以外でも、Google I/O 2016では、モバイル端末の認識能力がより進化する「Project Tango」や、組み立て式スマートフォン「Project Ara」、新しいNexusデバイスの発表などが噂されている。

 開催はまもなく。毎年、さまざまな新技術を提供してくれるGoogle I/Oに、今年も期待したい。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top