TBS小林悠アナ退社、玉袋筋太郎が愛のこもった「バカヤロー!」 | RBB TODAY

TBS小林悠アナ退社、玉袋筋太郎が愛のこもった「バカヤロー!」

エンタメ その他

 TBSの小林悠アナウンサーが同局を退社することが発表され、ラジオ番組で共演するお笑い芸人の玉袋筋太郎が、餞(はなむけ)の言葉として「バカヤロー!」と叫んだ。

 ラジオ番組「たまむすび」の金曜パーソナリティーを務める小林アナだが、2月26日放送に続いて4日放送も欠席。エンディングで小林アナから寄せられたコメントが読み上げられた。

 小林アナは「このたび、健康上の理由で退社するために、番組を降板することになりました。リスナーの皆さんには直接ご挨拶もできず申し訳ありませんが、これまで長い間たまむすびを聴いていただきありがとうございました。また、入社以来お世話になった皆さんには深く感謝申し上げます」とのコメントを寄せ、パートナーを務めてきた玉袋は「まぁねー、しょうがねえやな」と残念そうに語った。

 「4年間、一緒にやらせてもらって。人生ってのは出会いですからね。ホントに。すれ違いかもしれないんだけど、すれ違いも楽しくやらせてもらったしね、小林さんとは。人生なんか、またどこでスレ違うかもわからねぇんだから。その時また楽しくね、小林さんとやりたいと思いますよ」と玉袋。「いろいろ言葉尻とられちゃうかもしれないですけども」と前置きした上で、「私なりのはなむけは『バカヤロー!』っていうことですよ」と語った。

 また、番組の終了間際にも「またどこかで遭いましょう。おごらせろ、と。おごっちゃうぞ。小林さんお疲れ様でしたー」と小林アナにメッセージを送った。
《花》

関連ニュース

特集

page top