即日完売した「FREETEL SAMURAI 極」が増産へ、1月下旬に再発売 | RBB TODAY

即日完売した「FREETEL SAMURAI 極」が増産へ、1月下旬に再発売

IT・デジタル モバイル

増産が決定した「FREETEL SAMURAI 極(KIWAMI)」。左は筐体に漆と金を施した限定モデル
  • 増産が決定した「FREETEL SAMURAI 極(KIWAMI)」。左は筐体に漆と金を施した限定モデル
  • 「FREETEL SAMURAI 極」。右が限定受注生産モデルの「和柄」
 プラスワン・マーケティングは21日、FREETELのハイスペックSIMフリースマートフォン「FREETEL SAMURAI 極(KIWAMI)」を増産すると発表した。増産分の出荷は2016年1月下旬の予定。

 「SAMURAI 極(KIWAMI)」は、6.0インチ2,560×1,440ピクセル液晶、Android 5.1、オクタコアのMediaTek Helio X10、メモリ3GB、ストレージ32GBというスペックをもつFREETELブランドの最上位モデル。11月20日に発売したが、初回出荷分は即日完売していた。

 カメラは2100万画素/800万画素で、ネットワークはLTE(FDD)/3Gに対応。デュアルSIMスロットも内蔵する。ワイヤレスは802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1 LE、NFCをサポート。指紋認証を搭載するほか、A-GPS/GLONASS/加速度センサー/近接センサー/光センサー/e-compass/Gyroscopeなどのセンサー類を装備する。

 価格は39,800円。限定受注生産モデルの「和柄」(59,800円。いずれも税別)も増産される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top