フジテレビ、地上波と4K動画同時配信の実証実験に成功 | RBB TODAY

フジテレビ、地上波と4K動画同時配信の実証実験に成功

 フジテレビジョンは12日、放送と同時に4K品質のインターネット配信映像を同期再生する実証実験に成功したことを発表した。同日午前4時40分放送の「4Kラウンドスケープ」において実施したもので、ハイブリッドキャストの4K動画配信技術を用いた世界初の事例とのこと。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
番組イメージ
  • 番組イメージ
  • 放送の切り替えイメージ
 フジテレビジョンは12日、放送と同時に4K品質のインターネット配信映像を同期再生する実証実験に成功したことを発表した。同日午前4時40分放送の「4Kラウンドスケープ」において実施したもので、ハイブリッドキャストの4K動画配信技術を用いた世界初の事例とのこと。

 「ハイブリッドキャスト」は、NHKが開発した放送とネットを融合させた次世代サービス。対応デジタルテレビとスマートフォンやタブレットを組み合わせて、連携させることが可能となる。

 テレビ番組「4Kランドスケープ」では、4K制作・撮影された動画をハイビジョン映像に変換して放送。ハイブリッドキャストでのMPEG-DASH方式による4K動画再生に対応した一部のスマートテレビでは、放送の2K映像に加え、インターネット配信される4K品質の映像に切り替えられる機能が提供された。緊急ニュースが放送された際には、対応受信機を対象に、4K配信映像から放送映像に自動で復帰させる機能も用意されている。

 番組では、対応受信機に4K切り替えボタンを表示。これにより、2K地上放送でありながら4K品質の映像を利用可能とした。実証実験では、MPEG-DASHによるスムースな4K配信とハイブリッドキャストの放送通信連携機能を活用。番組中に自動起動するアプリにより、放送と4K配信の同期を確立し、配信終了後にシームレスに放送に戻るようにした。

 フジテレビでは本技術を、現行2K放送のままで4K品質の映像を提供する有望な手法の1つと考えているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top