乃木坂46生駒里奈、紅白初出場に感無量の涙 | RBB TODAY

乃木坂46生駒里奈、紅白初出場に感無量の涙

エンタメ その他

生駒里奈【写真:竹内みちまろ】
  • 生駒里奈【写真:竹内みちまろ】
  • 乃木坂46【写真:竹内みちまろ】
  • 乃木坂46【写真:竹内みちまろ】
  • 乃木坂46【写真:竹内みちまろ】
  • 「紅白歌合戦」司会者・出場歌手発表会見【写真:竹内みちまろ】
 大みそかに開催される「第66回NHK紅白歌合戦」の司会者・出場歌手発表会見が26日、NHK放送センターで開催され、アイドルグループ・乃木坂46の初出場が発表された。

 グループを代表してマイクを持った生駒里奈は「乃木坂46です」と挨拶をした後、感極まって言葉を詰まらせた。涙を流しながら、「結成する前はみんな普通の女の子だったのですけれど、こうやって、日本の皆さんが知っている大好きな紅白歌合戦という番組に出るということはすごく、すばらしいなと思います」と思いを打ち明け、再び言葉を詰まらせた。そんな生駒をキャプテンの桜井玲香が優しくいたわり、生駒は、「こんなに嬉しいのだなと、それをみんなで共有し合うことができて、ファンの皆さんにもお伝えすることができて、スタッフの皆さんとも今日ここに来ることができて、すごく嬉しいです」と喜びを爆発させた。「乃木坂46らしい、いい音楽を皆さんに伝えられるように、一生懸命、頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 桜井は、「みんなでいつか出演したい夢の舞台が紅白だったので、すごい衝撃でした。言葉も出ずに、ただただ、『頑張ろう! 頑張ろう!』と…」などと出場の知らせを聞いた際のメンバーたちの様子を振り返った。

 昨年は、出場濃厚とも言われながらも出場することができなかったが、桜井は、「去年は、自分たちが実力不足だったなと痛感した1年でした」と回顧。「紅白のことがキッカケにもなって」と続け、「普段の活動態度」や「ツアーを周る上での取り組み方」」などを、イチから見直したことを振り返った。「今年1年間メンバーで力を合わせて全力で走ってきたので、今年こうして出場できることが本当に嬉しいと思っています。なので、当日は、今年1年間の集大成をしっかり皆さんにお伝えできるように頑張りたいなと思っています」と心境を語った。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top