スマホと外部機器を簡単連携、ドコモがIoT新サービス「Linking」発表 | RBB TODAY

スマホと外部機器を簡単連携、ドコモがIoT新サービス「Linking」発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Linking」ロゴ
  • 「Linking」ロゴ
  • 「Linking」の活用イメージ
  • 「Linking」アプリ画面イメージ
 NTTドコモは25日、スマートフォンアプリとBluetooth Low Energy(BLE)対応デバイスを容易に連携できる新プラットフォーム「Linking(リンキング)」を開発したことを発表した。

 「Linking」は、複数のアプリと複数のデバイスの連携情報を一元的に管理し、アプリとデバイスを相互に簡単に連携できるIoTサービスだ。ユーザーは、「Linking」対応アプリと「Linking」対応デバイスを、自由に組み合わせて、さまざまな使い方ができる。

 たとえば、対応デバイスを持ち物に付けておけば、置き忘れたときにスマホに通知する、あるいは、対応アプリが天候の悪化を検知すれば、光や音でデバイスが通知する、といった使い方が可能だという。

 ドコモは「Linking」ポータルサイトを同日から開設。アプリ/デバイス開発者向けに、APIを公開している。対応デバイスとしては、Braveridgeより「Tomoru」が2016年1月にリリースされる予定。

 さらに、「iコンシェル」を始めとするサービスアプリと「Linking」対応デバイスが連携するための「Linking」アプリを、2016年1月から提供する予定。「Linking」アプリは、利用者が「Linking」対応サービスアプリと「Linking」対応デバイスを自由に組み合わせて利用する際に、連携情報を一元的に管理できるツールとなる。対応機種はAndroid 4.4以上のスマートフォン、タブレットで、iコンシェル、iチャンネル、ドコモメール、スケジュール&メモに対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top