高齢者の見守りと健康状態をタブレットで一元管理……コアがヘルスケアソリューション展示 | RBB TODAY

高齢者の見守りと健康状態をタブレットで一元管理……コアがヘルスケアソリューション展示

ブロードバンド その他

タブレットに表示される見守り画面。家族は高齢者のバイタル情報や環境情報を把握し、必要に応じ空調や照明の遠隔操作が可能だ(撮影:防犯システム取材班)
  • タブレットに表示される見守り画面。家族は高齢者のバイタル情報や環境情報を把握し、必要に応じ空調や照明の遠隔操作が可能だ(撮影:防犯システム取材班)
  • 高齢者がビーコン端末を携帯することで、現在家の中のどの部屋にいるのかという位置情報の把握や転倒検知などが可能だ(撮影:防犯システム取材班)
  • 健康機器とスマートデバイスでバイタル情報をクラウドサーバへ記録。煩わしい入力は一切不要で「スマート日記」を自動生成(撮影:防犯システム取材班)
  • 「ARM Cortex-Aシリーズ」を搭載した世界初のmbed対応ボード「mbedボード GR-PEACH」。環境の見守りとコントロールを実現する(撮影:防犯システム取材班)
 東京ビッグサイトで開催された「デジタルヘルスDAYS 2015」にて、コアはスマートデバイスで実現する「ヘルスケア(見守り)ソリューション」の展示を行った。

 同ソリューションは遠方で暮らす高齢者の健康状態などを、バイタル情報や室温などの環境情報から把握し、タブレットなどのスマートデバイスを通じてヘルスケア及び見守りを実現してくれるというもの。

 バイタル情報は、Bluetooth対応の血圧計や万歩計、体温計といった健康機器で測定してクラウドサーバへ記録し、収集した各種情報から「スマート日記」を自動生成。見守りたい相手の健康状態を遠隔地から把握することができる。

 また、ビーコンを利用することで見守りたい高齢者がどの部屋にいるのかを把握できるほか、転倒検知なども可能とのこと。家族などの見守る側はタブレットから高齢者宅の照明や空調のオンオフなどをコントロールすることもできる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top