パナソニック、高齢者施設向け見守りシステムを発表 | RBB TODAY

パナソニック、高齢者施設向け見守りシステムを発表

エンタープライズ セキュリティ

パナソニックが提供する「認知高齢者の安全を見守る3つのシステム」。ベッド、部屋、建物玄関をカメラやセンサー技術を駆使してみまもる(画像はプレスリリースより)
  • パナソニックが提供する「認知高齢者の安全を見守る3つのシステム」。ベッド、部屋、建物玄関をカメラやセンサー技術を駆使してみまもる(画像はプレスリリースより)
  • ベッドの上の高齢者を見まもる「生体センシングみまもりシステム」のイメージ。夜間など限られた介護スタッフでのみまもりが可能になる(画像はプレスリリースより)
  • 「スマートエアコンみまもりシステム」は職員がセンサーが検知した情報を元に居室内のエアコンの温度を適切に設定できるシステムだ(画像はプレスリリースより)
  • 「顔認証システム」は入退室管理としての利便性の向上と徘徊対策が同時に行えるネットワークカメラと顔認識技術を使ったシステム(画像はプレスリリースより)
 パナソニック エコソリューションズ社は25日、高齢者施設向け見守りシステムや3D測定・訓練システムなど介護福祉用品を開発し、10月7日からビッグサイトにて開催される「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」へ参考出品することを発表した。

 同イベントには、ベット上の利用者の状態を検知する「生体センシングみまもりシステム」と、クラウドサービス対応型エアコンによる「スマートエアコンみまもりシステム」、カメラで顔を検知してドアロックを自動開錠する「顔認証システム」をそれぞれ出展する。

 「生体センシングみまもりシステム」は、ベッドの上にいる高齢者の呼吸数や体動などをセンシング技術(非接触型電波センサー)により検知し、容態の急変、発作、離床などを迅速に職員が把握できるというもの。

 「スマートエアコンみまもりシステム」は、クラウドサービスと連携したエアコンが、非接触型電波センサーが検知した睡眠中の体動や部屋の在/不在などの情報をもとにして、エアコンの設定温度を自動で行う。これにより睡眠中の熱中症を防いだり、省エネを実現する。

 「顔認証システム」は、出入り口などに設置されているネットワークカメラがとらえた顔画像を、データベースに保存されている顔データと照合を行い、自動で開錠したり、徘徊などの危険性のある人の場合はあえて「施錠」状態を維持するといったことが可能。ハンズフリーでの入退室を実現したり、徘徊対策を同時に行う事ができる。

 ちなみにデータベースと顔画像の認証スピードは、約0.1秒以下とのこと。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top