パナソニック韓国と韓国・KT社が包括的業務協約を締結……2018平昌冬季オリンピックに向けて | RBB TODAY

パナソニック韓国と韓国・KT社が包括的業務協約を締結……2018平昌冬季オリンピックに向けて

エンタープライズ 企業
業務協約を締結したパナソニック韓国社長のノ・ウンハ氏(写真左) と KT平昌冬季オリンピックチーム ジェネラルマネージャーのキム・ヒョンジュン氏(画像は公式Webサイトより)
  • 業務協約を締結したパナソニック韓国社長のノ・ウンハ氏(写真左) と KT平昌冬季オリンピックチーム ジェネラルマネージャーのキム・ヒョンジュン氏(画像は公式Webサイトより)
  • パナソニックのオリンピック・パートナーシップを紹介する同社の特設Webサイト。同社は2024年までワールドワイド公式パートナー契約に調印している(画像は公式Webサイトより)
 パナソニック韓国は6月30日、韓国最大の通信事業者であるKTコーポレーション(KT)と「2018平昌冬季オリンピックの成功的開催のために包括的な業務協約」を締結した。

 オリンピックのスポンサー制度は、最上位にワールドワイド公式オリンピックパートナー、以下地域のオリンピック委員会などのスポンサー(ゴールドパートナー/オフィシャルパートナー/オフィシャルサポーター等)が設定されており、パナソニックは1988年のカルガリー冬季オリンピック以降、25年以上にわたってワールドワイド公式オリンピックパートナーとして活動している。

 2018平昌冬季オリンピックでは、パナソニック韓国はKTに対し、AV関連やセキュリティ関連の機器を供給し、運営へのコンサルティングサポートや包括的なアフターサービスを提供。KTは、通信系や基盤施設からAV関連、セキュリティ関連のシステム構築、ICTシステムの構築と運用などを提供していく。

 パナソニックグループのワールドワイド公式オリンピックパートナーとして培ってきたノウハウや提供してきた技術、平昌大会のローカルパートナーであるKTの強みといえる“最新ICT技術”を連携させることで、大会の運営システムの強化につとめていくとのこと。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top