国交省「統合災害情報システム DiMAPS」の構築・稼働を支援……日本IBM | RBB TODAY

国交省「統合災害情報システム DiMAPS」の構築・稼働を支援……日本IBM

エンタープライズ その他

DiMAPSでは気象情報、被災情報、交通情報などの各種情報を地図上に統合表示することができるため、高精度な被害情報把握、共有が可能(画像はプレスリリースより)
  • DiMAPSでは気象情報、被災情報、交通情報などの各種情報を地図上に統合表示することができるため、高精度な被害情報把握、共有が可能(画像はプレスリリースより)
 日本IBMは4日、国土交通省・国土地理院が1日から公開した「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援したことを発表した。

 「DiMAPS(Integrated Disaster Information Mapping System)」は災害発生時に各情報源からオンラインで提供される各種情報を集約し、リアルタイムに電子地図上に統合表示することで、災害対応を支援するシステムとなっている。

 国土交通省のwebページで公開されており、直近では台風による被害状況などを地図上で確認することができる。

 地図タイルデータ作成の分散処理に「IBM Platform LSF」が使用され、システム基盤として同社の「IBM業務支援Webプラットフォーム」が採用されるなど、最新のウェブ地図技術を活用したものとなっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top