国土交通省(国交省)ニュース | RBB TODAY

国土交通省(国交省)に関するニュース一覧

道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証実験、全国10カ所で実施 画像
IT・デジタル

道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証実験、全国10カ所で実施

国土交通省は、中山間地域での道の駅などを拠点とした自動運転サービスの実証実験を2017年夏に全国10カ所程度で実施する。

完全自動運転車の公道実証実験が可能に! 画像
IT・デジタル

完全自動運転車の公道実証実験が可能に!

国土交通省は、完全自動運転車の公道実証実験を可能とするため、ハンドルやアクセル・ブレーキペダルなどの保安基準を緩和できるように道路運送車両の保安基準を改正する。

貸切バス事業者、ASVとデジタル式運行記録計の導入へ国交省が支援 画像
IT・デジタル

貸切バス事業者、ASVとデジタル式運行記録計の導入へ国交省が支援

国土交通省は、軽井沢スキーバス事故の発生を受けた対策を踏まえ、ハード面の安全対策による事故防止の促進を行うため、貸切バスに対しASVとデジタル式運行記録計の導入を支援するため、12月1日に自動車事故対策費補助金の申請受付を開始する。

国交省、「自動運転戦略本部」を設置 画像
IT・デジタル

国交省、「自動運転戦略本部」を設置

国土交通省は、生産性革命本部で「クルマのICT革命~自動運転×社会実装~」が追加プロジェクトに選定されたことから省内に「自動運転戦略本部」を設置する。

北陸新幹線 敦賀~大阪間の3ルート検討結果、国交省が発表 画像
ビジネス

北陸新幹線 敦賀~大阪間の3ルート検討結果、国交省が発表

国土交通省鉄道局は11月11日、北陸新幹線の敦賀~大阪間について、小浜-舞鶴-京都ルート、小浜-京都ルート、米原ルートの検討結果を発表。京都・新大阪駅は地下駅、米原・東舞鶴・東小浜・学研都市付近は地上駅を想定し、建設費などを算出。費用対効果を伝えた。

自動運転車による事故の損害賠償責任はどうなる? 国交省が検討へ 画像
IT・デジタル

自動運転車による事故の損害賠償責任はどうなる? 国交省が検討へ

国土交通省は、自動運転車が事故を起こした場合の損害賠償責任のあり方について検討すると発表した。

国交省、Galaxy Note7の機内持ち込みを禁止に 画像
IT・デジタル

国交省、Galaxy Note7の機内持ち込みを禁止に

国土交通省は17日、サムスン製スマートフォンGalaxy Note7の航空機内持ち込みについて、全面的に禁止するとの声明を発表した。すでに、15日には航空各社に対して、指示を行っているという。

国交省、「Galaxy Note 7」の航空機への持ち込みについて注意喚起 画像
IT・デジタル

国交省、「Galaxy Note 7」の航空機への持ち込みについて注意喚起

サムスンが8月に発売した「Galaxy Note 7」は、国内での発売時期が未定なものの、すでに欧米諸国を中心に展開されており、充電中にバッテリーが爆発するなど、問題となっている。

スマホアプリで船舶事故防止、国交省が実証実験へ 画像
IT・デジタル

スマホアプリで船舶事故防止、国交省が実証実験へ

国土交通省は、船舶事故防止スマートフォンアプリの安全性について実証実験を実施すると発表した。

ドローン活用は進んでいるか?……建設会社の場合 画像
IT・デジタル

ドローン活用は進んでいるか?……建設会社の場合

 様々なビジネスへの活用が期待されている小型無人飛行機「ドローン」。2013年12月、アメリカでネット通販最大手であるアマゾンが「ドローンを使った宅配構想」を発表して以来、各国でドローンビジネスが活性化。

自動運転、日本が国際ルール作りをリードする! 画像
IT・デジタル

自動運転、日本が国際ルール作りをリードする!

経済産業省と国土交通省は3月23日、自動走行ビジネス検討会などでの議論の結果を踏まえ、取りまとめた「今後の取組方針」を公表した。

世界初、燃料電池二輪車の安全基準を策定 画像
エンタープライズ

世界初、燃料電池二輪車の安全基準を策定

国土交通省は、世界に先駆けて燃料電池二輪自動車の安全基準を策定したと発表した。

過疎地でのドローン輸送、徳島で実験 画像
エンタープライズ

過疎地でのドローン輸送、徳島で実験

国土交通省は、過疎地での近未来のサービス実現に向けて無人航空機(ドローン)による貨物輸送実験を2月24日に実施すると発表した。

国土交通省、インターネットモニターを1000人募集 画像
エンタープライズ

国土交通省、インターネットモニターを1000人募集

国土交通省は、2月1日から3月7日までの間、国民から広く意見を聴いて国土交通行政に反映させることを目的に、2016年度「国土交通行政インターネットモニター」を1000人程度募集する。

物流トラック大型化なぜ進む? 首都圏で10年ぶり物流調査 画像
エンタープライズ

物流トラック大型化なぜ進む? 首都圏で10年ぶり物流調査

 国土交通省関東地方整備局と東京都など首都圏の自治体らで構成される東京都市圏交通計画協議会が、東京都市圏の物流調査を実施。現状のデータと今後の施策について公表した。

年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在 画像
エンタープライズ

年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

 沼田インターから車で10分。人口約3500人の川場村に年間150万人を集客する施設がある。群馬県内に31か所ある道の駅のひとつ「川場田園プラザ」。15年には国土交通省が国内6か所の道の駅を選んだ “全国モデル”に選ばれ、道の駅として初めて観光庁長官表彰をおくられた。

観光産業の拡大へ、国交省が高速バスやLCCの環境を整備 画像
エンタープライズ

観光産業の拡大へ、国交省が高速バスやLCCの環境を整備

国土交通省は、国内観光の振興や国際観光拡大に向けて、高速バスとLCC(格安航空会社)の利用を促進すると発表した。

訪日外国人観光客は空だけはなく海からもやってくる! 画像
エンタープライズ

訪日外国人観光客は空だけはなく海からもやってくる!

 成田国際空港を利用する外国人旅客数は年々増加し、2014年度は初めて1000万人を突破。2015年度もその数を伸ばしている。しかし、訪日外国人観光客がやってくるのは空からだけではない。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top