いよいよサービスインするNetflix、ヘイスティングスCEOらが日本戦略を語る | RBB TODAY

いよいよサービスインするNetflix、ヘイスティングスCEOらが日本戦略を語る

 世界最大級のオンラインストリーミングメディア「Netflix」は9月2日、日本でのサービスを開始する。それに先駆けて、東京・六本木のグランド ハイアット 東京でメディアセッションイベントを開催した。

エンタメ 映画・ドラマ
「Netflix」が日本でのサービスインに先駆け、メディアセッションイベントを開催
  • 「Netflix」が日本でのサービスインに先駆け、メディアセッションイベントを開催
  • 「Netflix」が日本でのサービスインに先駆け、メディアセッションイベントを開催
  • ファウンダー兼CEO最高経営責任者のリード・ヘイスティングス氏
  • Netflix.K.K.代表取締役のグレッグ・ピーターズ氏
  • ラヴァーン・コックス
  • ウゾ・アドゥバ
  • 記者からの質問に答えるリード・ヘイスティングス氏
  • 記者からの質問に答えるリード・ヘイスティングス氏
 世界最大級のオンラインストリーミングメディア「Netflix」は9月2日、日本でのサービスを開始する。それに先駆けて、東京・六本木のグランド ハイアット 東京でメディアセッションイベントを開催した。

 会場ではファウンダー兼CEO最高経営責任者のリード・ヘイスティングス氏が登壇した。かつてスマホもなかった時代に初来日した際、地下鉄で迷子になったというヘイスティングス氏。そんな自分がグローバルなサービスを日本で提供できたことについて、その心境を感慨深く語っている。

 「我々のサービスにおいて推進力となったインターネットは、ある意味で電気よりも社会的なインパクトのある存在。それを我々は今、理解しようとしている途上にあります。その一部に所属しているのがネットフリックスです。我々はテレビのあり方や理念性、アクセス性などを追及し、誰もが楽しめるメディアを創造する途上にあるのです」

 その後、会場には同社が製作する最新オリジナルドラマに出演する3人の女優が登場した。

 『マトリックス』シリーズを手掛けたウォシャウスキー姉弟初のTVシリーズとなる『センス8』からは、主演のペ・ドゥナが登場。日本での公開について「この作品はソウルを舞台としていますが、我々の国ではまだNetflixが上陸していないのが残念。ただ、日本からやがて世界へと広まっていくのを楽しみにしています」と話している。

 一方、エミー賞の作品賞や助演女優賞にノミネートされている『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』からは、ラヴァーン・コックスが「世界中の視聴者が、このドラマに夢中になっています。作中に登場する名台詞の数々はネットでも話題です。『あなたのためにパイを投げたのよ』。この意味も楽しみにしながら番組を観てみてください」とコメントした。

 また、同作品に出演しているウゾ・アドゥバは「笑って、泣いて、考えさせてくれるストーリー。クリエイターに自由に作らせるという、Netflixならではのクォリティをぜひ堪能してください」と話している。

■日本戦略やオリジナル番組の展開などは?

 壇上でのイベント終了後、会場ではリード・ヘイスティングスCEO、およびNetflixの日本法人代表取締役のグレッグ・ピーターズ氏、グローバル戦略担当でPR統括のジョナサン・フリードマン氏らが各テーブルをまわり、記者からの質問に対応した。ここではその内容を紹介する。

--- 今回、新たな海外市場としてなぜ日本が選ばれたのでしょうか?

ヘイスティングス氏「日本は大きなマーケットで、ブロードバンドも浸透していて、裕福な国でもある。本来なら2年前ぐらいにローンチしている必要があったのかもしれません。ただ、今回のサービスインについて、我々は非常にわくわくしています」

--- 日本では基本的にテレビは無料で楽しむものという風潮がありますが?

ヘイスティングス氏「Netflixでは最初の一か月間、無料で視聴が楽しめます。そこからユーザー登録しようと思っても、月額650円からと手の出しやすい価格帯に設定しました。質の高いコンテンツを用意することで、クォリティを望む視聴者に受け入れられるものと考えています」

--- 日本進出にあたって一番の課題となるのは何ですか?

ヘイスティングス氏「日本進出にあたっての挑戦という意味では、まずNetflixの認知度が低いこと。なので、まずは1か月無料でお試しいただき、サービスに触れていただくところから始めたいと思います」
《丸田》

関連ニュース

特集

page top