【木暮祐一のモバイルウォッチ】第81回 LCCを手本に出発した“ベンチャーMVNO”「エックスモバイル」、新プランの勝算は? | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第81回 LCCを手本に出発した“ベンチャーMVNO”「エックスモバイル」、新プランの勝算は?

 SIMロック解除義務化によりこれまで以上にいわゆる“格安SIM”を提供するMVNO(=Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)が注目されるようになっている。

ブロードバンド その他
エックスモバイルの代表取締役CEO 木野将徳氏
  • エックスモバイルの代表取締役CEO 木野将徳氏
  • FC店の全国展開を目指す
  • 年々増加の一途をたどるMVNOサービス事業者※総務省『MVNOサービスの利用動向等に関するデータの公表(平成26年12月末時点)』(4月30日公表)より
  • MVNO向けのデータ通信接続料の推移※総務省『MVNOサービスの利用動向等に関するデータの公表(平成26年12月末時点)』(4月30日公表)より
 SIMロック解除義務化によりこれまで以上にいわゆる“格安SIM”を提供するMVNO(=Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)が注目されるようになっている。

 総務省が4月30日に発表した『MVNOサービスの利用動向等に関するデータの公表(平成26年12月末時点)』の資料によれば、2013年第2四半期に151社だったMVNO事業者数が、2014年第3四半期には170社まで増加をたどっている。

 今後も伸びていく分野とされているが、これらMVNOは既存の通信事業者(MNO=Mobile Network Operator)から通信回線を借り受けて事業を行っている都合上、その回線卸価格がMVNOの通信料金に大きく影響するほか、MVNO同士で差別化を図るのがなかなか難しくなってきている状況にある。

 そんななかで、独自のブランドにてFC(フランチャイズ方式)で店舗展開を図り、またiPhoneやXperiaなどの人気端末をラインアップしながらMVNOとしてサービス提供を行っているエックスモバイルが話題を振りまいている。

 人気スマートフォンをラインアップし、それと同社のSIMを組み合わせ、FCの店頭(店舗とSIMのブランド名は「もしもシークス」)で顧客に販売を行っている。そのエックスモバイルは10日、MVNOとしては珍しい「通話かけ放題」プランを発表した。

 同社が発表した通話定額の「かけたい放題」プランは、1GBのデータ通信と3分30回まで通話無料できる「基本料金プラン」(月額1,980円、税別)、7GBのデータ通信と5分30回まで無料通話できる「あんしんコース」(月額2,980円、税別)、さらに7GBのデータ通信と10分、100回の無料通話可能な「まんぞくコース」(月額3,980円、税別)の3プラン。

 このほか法人向け料金プランも用意されたほか、もちろん、既存のケータイやスマホで利用している電話番号をMNPで乗り換えて利用することが可能である。

 本コラムでは、前半で今回発表された新プランについて解説しつつ、後半で同社の代表取締役を務める木野将徳氏へのインタビューをお届けしたい。
《木暮祐一》

関連ニュース

特集

page top