ピース又吉直樹『火花』ついに200万部突破! | RBB TODAY

ピース又吉直樹『火花』ついに200万部突破!

エンタメ その他

ピースの又吉直樹【写真:竹内みちまろ】
  • ピースの又吉直樹【写真:竹内みちまろ】
  • ピースの又吉直樹【写真:田中】
  • 『火花』【写真:田中】
  • ファンに小説を手渡すピースの又吉直樹(写真は3月12日に行われたサイン会のもの)【写真:田中】
 先日、芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説『火花』が、累計発行部数200万部を突破した。

 『火花』は又吉が著した純文学小説で、当初はお笑い芸人が書いた純文学作品という触れ込みだったが、徐々に内容面での評価が多方面で高まり、第153回芥川龍之介賞を受賞した。この授賞を受け、大幅増刷(18刷)が決定され、今回の40万部の増刷により、累計発行部数が209万部となった。

 出版元の文藝春秋は、「重版分が店頭に着荷したそばから売れており、依然として全国的に品薄状態にあるものの、徐々に解消されつつある。ただ、8月下旬には芥川賞の授賞式が行われるため、大きな話題となることが予想される。その前に書店の在庫を最大化しておきたい」と増刷に至った意図を説明している。

 大幅増刷に際し又吉は、「ありがとうございます」と感謝を述べた上で、「『火花』が多くの皆様に届くことが嬉しいです」と語っている。続けて、「僕も、この夏はたくさん本を読もうと思っています」と、“読書芸人”らしいコメントも寄せている。
《》

編集部のおすすめ記事

特集

page top