実名制グルメサービス「Retty」、インバウンド&海外20ヶ国進出で1億ユーザー目指す | RBB TODAY

実名制グルメサービス「Retty」、インバウンド&海外20ヶ国進出で1億ユーザー目指す

エンタープライズ その他

代表取締役社長を務める武田和也氏。ロゴの刷新も発表された
  • 代表取締役社長を務める武田和也氏。ロゴの刷新も発表された
  • 社長の武田氏
  • CFOの奥田健太氏
  • 東京都における月間口コミ投稿数においては、国内最大級のグルメサービスを抜いているという
  • 2020年までに海外20ヶ国への進出を表明
  • 段階的に海外展開を進める
 Rettyは2日、同社が運営するグルメサービス「Retty」(レッティ)に関する事業戦略発表会を開催した。

 「Retty」は、2011年6月に提供開始された実名制グルメサービス。フェイスブックアカウントとの連携などで会員登録を行うと、パソコンやスマートフォンなどから、エリアや目的、食材ごとに飲食店を探すことができる。また、ユーザーが実名で口コミを投稿するというのが同サービスの大きな特長だ。

 発表会ではまず、CFOの奥田健太氏がグルメサービスの変遷や「Retty」の現状について説明。口コミ投稿数は右肩上がりで増加を続けており、東京都の月間投稿数においては、国内最大級のグルメサービス(具体的なサービス名は公表されなかった)を抜き、月間で50,000件を超えているという。

 また、月間ユニークユーザー数については、2014年11月に500万人を突破。2015年1月以降は、ほぼ月間100万人ペースで増加を続け、5月には1,000万人突破を達成したことを明かした。

■2020年に向けたインバウンド&海外進出計画

 続いて代表取締役社長を務める武田和也氏は、同サービスの今後の事業戦略を解説した。まず短期的な戦略として、「ロゴの刷新」、「Rettyが持つ70万軒以上の飲食店データのオープン化」、「掲載店舗向けの新商品(サービス)」の3つを挙げた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top