柔道家・篠原信一、ターミネーター最新作のLAプレミアに“参戦”! | RBB TODAY

柔道家・篠原信一、ターミネーター最新作のLAプレミアに“参戦”!

エンタメ 映画・ドラマ

アーノルド・シュワルツェネッガーから「T-シノハラ型ターミネーター」としてアーノルド・シュワルツェネッガーから正式に「認定」された柔道家・篠原信一
  • アーノルド・シュワルツェネッガーから「T-シノハラ型ターミネーター」としてアーノルド・シュワルツェネッガーから正式に「認定」された柔道家・篠原信一
  • 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』LAプレミアでのキャスト陣
 柔道家の篠原信一が、SFアクション映画の人気シリーズ「ターミネーター」の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のロサンゼルス(LA)プレミアに出席した。篠原はハリウッドに戻ってくる可能性をたずねられ、「アイルビーバック!」と応じた。

 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、来月公開の「ターミネーター」の最新作で、アーノルド・シュワルツェネッガーの12年ぶりの主演復帰作。アーノルドは、何者かによって過去に送り込まれたT-800ターミネーターとして「アイルビーバック!」を果たすことになる。

 今作のLAプレミアは、米国時間の6月28日(日本時間6月29日)にハリウッドで開催された。シルバーカーペットには、サラ・コナー役のエミリア・クラーク、T-1000役のイ・ビョンホンなどの共演者たちが次々に姿を現した。続いてT-800ターミネーターを演じるアーノルドが登場すると、会場の盛り上がりは最高潮に達した。また、会場には、アーノルドの友人であるシルヴェスター・スタローンも列席しており、プレミアを盛り上げた。

 会場には、「日本のターミネーター」として、柔道家の篠原信一もカーペットに“参戦”していた。篠原はタキシードを着こなしつつも、顔には“ターミネーター傷”の特殊メイクを施しており、地元のファンや子供たちからも大人気となっていた。篠原はアーノルドの大ファンということもあり、プレミアの前日、アーノルドやキャスト達に特別単独インタビューも敢行。その機会にアーノルド本人から「T-シノハラ型ターミネーター」として正式に認定され、柔道好きなアーノルドとも完全に打ち解けていた。

 翌日のLAプレミア会場で再会すると、アーノルドは、「彼は柔道のワールドチャンピオンなんだ。傷メイクも素晴らしいと思わないか? 今にも襲ってきそうだろ?」と会場に向けて篠原をPR。篠原も「(アーノルドは)テレビで見る印象よりジェントルマンで大きな人だった。手は世界一の大きさ。あたたかさも、大きさも」と振り返った。篠原は、「次回作があれば是非!とお願いをしてきた」とのことで、ハリウッドに戻ってくる可能性は?と問われると、「アイルビーバック!」と即答していた。

 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、7月10日に日本公開となる。なお、公開に先駆けて、ジャパン・プレミアが7月6日に開催される。
《》

関連ニュース

特集

page top