英ゲームデザイナー、著書の日本版カバーに難色……萌え系イラストに賛否 | RBB TODAY

英ゲームデザイナー、著書の日本版カバーに難色……萌え系イラストに賛否

 ゲームブック『死のワナの地下迷宮』の著者であるイギリスのゲームデザイナー、イアン・リビングストン氏が日本で新装された同書の表紙イラストに苦言を呈し、物議をかもしている。

エンタメ その他
リビングストン氏のツイート
  • リビングストン氏のツイート
  • リビングストン氏のツイート
 ゲームブック『死のワナの地下迷宮』の著者であるイギリスのゲームデザイナー、イアン・リビングストン氏が日本で新装された同書の表紙イラストに苦言を呈し、物議をかもしている。

 数々のゲームブックを出版してきたリビングストン氏だが、そのなかでも『死のワナの地下迷宮』は代表作のひとつ。日本でも1985年に社会思想社から刊行されたが、その際の表紙は、オリジナル版と同じくおどろおどろしいモンスターが舌なめずりをするイラストだった。

 だが、2008年にホビージャパンから『デストラップ・ダンジョン』というタイトルで新装版が発売された。表紙イラストは、ビキニのような衣装を着た女性キャラクターが剣を構える、いわゆる萌え系のイラストとなっていた。

 リビングストン氏は、この“萌え表紙”に違和感を覚えているらしい。15日にTwitterで、『デストラップ・ダンジョン』の表紙画像をアップしたうえで、「いまわしい日本版カバーが出るまでは、外国の出版社もほとんどがイギリスのオリジナル版カバーを使ってくれていた」(原文は英語)と嘆いた。

 リビングストン氏の発言を受け、ネット上では議論が巻き起こっている。「少しでも売ろうとする苦肉の策だな」「気持ちはわかるが前の表紙だと手に取ることもない」と萌え系イラストに理解を示す声がある一方、「なんでもかんでも萌えにすればいいってもんじゃない」「日本の恥さらし……」と批判する声も出ている。
《原田》

関連ニュース

特集

page top