ピース又吉「火花」、今度は芥川賞にもノミネート! | RBB TODAY

ピース又吉「火花」、今度は芥川賞にもノミネート!

 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹のデビュー小説「火花」が、5月の三島由紀夫賞ノミネートにつづき、本日発表の第153回芥川龍之介賞候補作品に選ばれた。

エンタメ その他
ピースの又吉直樹
  • ピースの又吉直樹
  • ファンに小説を手渡すピースの又吉直樹
  • 『火花』
 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹のデビュー小説「火花」が、5月の三島由紀夫賞ノミネートにつづき、本日発表の第153回芥川龍之介賞候補作品に選ばれた。

 19日、文芸春秋は第153回芥川龍之介賞と、直木三十五賞候補作品を発表。候補作品は以下の通り。

◆ 第153回芥川龍之介賞候補作品
・内村薫風「MとΣ」(新潮3月号)
・島本理生「夏の裁断」(文学界6月号)
・高橋弘希「朝顔の日」(新潮6月号)
・滝口悠生「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」(新潮5月号)
・羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」(文学界3月号)
・又吉直樹「火花」(文学界2月号)

◆第153回直木三十五賞候補作品
・門井慶喜「東京帝大叡古(えーこ)教授」(小学館)
・澤田瞳子「若冲」(文芸春秋)
・西川美和「永い言い訳」(文芸春秋)
・馳星周「アンタッチャブル」(毎日新聞出版)
・東山彰良「流(りゅう)」(講談社)
・柚木麻子「ナイルパーチの女子会」(文芸春秋)

 先月の三島由紀夫賞で「火花」は、僅差で受賞を逃しただけに、今回も期待と注目が集まっている。
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top