AKB48、2015年上半期シングルランキングで史上初の快挙達成! | RBB TODAY

AKB48、2015年上半期シングルランキングで史上初の快挙達成!

 オリコンによる「2015年上半期ランキング」が発表され、アイドルグループのAKB48が「シングルセールス部門」で、「上半期シングル1位」と「上半期シングル1位・2位独占」をどちらも5年連続で達成した。いずれも史上初の快挙となる。

エンタメ 音楽
シングル1位:『僕たちは戦わない』AKB48
  • シングル1位:『僕たちは戦わない』AKB48
  • シングル2位:『Green Flash』AKB48
 オリコンによる「2015年上半期ランキング」が発表され、アイドルグループのAKB48が「シングルセールス部門」で、「上半期シングル1位」と「上半期シングル1位・2位独占」をどちらも5年連続で達成した。いずれも史上初の快挙となる。

 このランキングは、2014年12月22日付から2015年6月15日付までのオリコンのランキングをまとめたもの。CDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど、音楽・映像ソフトを販売している全国約33,110店舗の実売データをもとに集計されている。

 「シングルセールス部門」では、AKB48の40枚目のシングル『僕たちは戦わない』が期間内売上177.2万枚で1位を獲得。2位にも同じくAKB48の39枚目のシングル『Green Flash』が104.1万枚で入り、1位と2位を独占した。AKB48の「上半期シングル1位連続獲得年数」は、2011年『Everyday、カチューシャ』、2012年『真夏のSounds good !』、2013年『さよならクロール』、2014年『ラブラドール・レトリバー』と今作で5年連続となる。「上半期シングル1位・2位独占の連続達成年数」も同じく2011年から5年連続とし、いずれも史上初の快挙を自己記録更新で達成した。

 さらにAKB48は、上半期におけるミリオンセールス連続達成年数を2011年から5年連続としており、こちらもランキング発表開始以来、シングル(1968年~)、アルバム(1970年~)通じて史上初。これまでの最高記録であった同グループ(2011年~2014年)とB'z(1993~1996年)、Mr.children(1994年~1997年)の4年連続を塗り替えての歴代新記録樹立となった。

 AKBグループの次期総監督・横山由依は、「トップ2を獲得することができ、大変嬉しく、とても光栄に思う」と述べた。また、「いつも応援してくださっているファンの皆様のおかげです。ありがとうございます。AKB48は今、新たなステージへの過渡期にある。グループみんなで力を合わせてがんばります」と、ファンへの感謝と今後への意気込みを語った。

 今回の上半期ランキングでは、「アルバムセールス部門」で三代目J Soul Brothersが初の上半期1位を獲得。また、嵐が複数の部門で首位となり、最多の「6冠」、期間内総売上額59.4億円を達成している。
《》

関連ニュース

特集

page top