大渕弁護士、自慢の“ふなっしーカー”手放す「ずっと乗っていたかった」 | RBB TODAY

大渕弁護士、自慢の“ふなっしーカー”手放す「ずっと乗っていたかった」

 大渕愛子弁護士が9日にブログで、人気キャラクター・ふなっしーをモチーフとした愛車を手放すことになったと報告した。

エンタメ ブログ
 大渕愛子弁護士が9日にブログで、人気キャラクター・ふなっしーをモチーフとした愛車を手放すことになったと報告した。

 ふなっしーの大ファンである大渕弁護士は、なんと愛車もふなっしー仕様。バラエティ番組で、イエローと水色のボディで赤いリボンなどの装飾をした(車道を走る際は外すそう)自慢の“ふなっしーカー”を披露していた。

 だが、今年3月に俳優・金山一彦との第1子男児が誕生し、車の買い替えが必要になってしまった。「正直、私もずっと乗っていたかったです 夫婦2人で乗るにはホントに最高でした」と嘆く大渕弁護士だが、やはり車内の広さなどを考えるとふなっしーカーはファミリー向けではなかったらしい。「ふなっしーCarを残しつつ、新たに車を買うという選択肢がとれればいいんだけど、駐車場代が高くて やむなく買い替えることに」と無念そうに説明した。

 かわりに新居には、ふなっしーグッズを集めた“ふなっしー部屋”を用意するという大渕弁護士。出産などで忙しく、以前よりふなっしー情報は追えなくなったそうだが、「心にはいつもふなっしーの精神が宿っているので、いまの私には、それで十分です」と健気に語った。
《原田》

関連ニュース

特集

page top