【フォトレポート】羽生結弦選手、母親から言われた感動的な言葉とは | RBB TODAY

【フォトレポート】羽生結弦選手、母親から言われた感動的な言葉とは

エンタメ フォトレポート

羽生結弦選手
  • 羽生結弦選手
  • (左から)小林麻耶、羽生結弦、山本シュウ
  • (左から)小林麻耶、羽生結弦、山本シュウ
  • 羽生結弦選手
  • 羽生結弦選手
  • 羽生結弦選手
  • (左から)小林麻耶、羽生結弦、山本シュウ
  • 【フォトレポート】羽生結弦選手、母親から言われた感動的な言葉とは
 1日行われた「いのちと献血の大切さを考える」イベントに、「平成27年はたちの献血キャンペーン」のキャラクターである男子フィギュアスケーターの羽生結弦選手が登場した。

 この日のイベントでは、6月14日の世界献血デーを前に、世界献血デーや献血の現状について理解を深めた。現役大学生でもある羽生選手、昨晩は課題に追われ「4時間くらいしか寝てない」と話していたが、寝不足な様子は少しも見せず、若い世代へ献血の大切さを真摯に訴える姿に、「成長しましたね」と言われると、「はい、揉まれました……世論に」と、苦笑いしながらも素直な言葉をこぼした。

 また、羽生選手が登場する献血のコマーシャルも上映され、そのコマーシャル撮影エピソードの中に羽生選手のストイックな一面が。コマーシャルでは氷上さながらの回転シーンがあり、その撮影時、羽生選手自ら何度も撮り直しをお願いしたという。「スケーターですので、軸がずれてると自分が見たときに“汚いな”と思って」と振り返った。これには現場スタッフも感動したという。

 また、MCの小林麻耶からの「妹が出産時に輸血が必要だった」という話しから、羽生選手の母親についても。羽生選手は母親について「喧嘩もするし逆に励まされることもありますが、なにより一番心配してくれる」と言い、さらに「あなたは私の身体の一部なんだからね」という言葉に「ジーンときた」という。

 最後に、羽生選手は今回のイベント参加について、「僕自身イベントに参加することでより献血について深く知ることができ、スケーターとしてではなく一人の人間として、生きていく中で大切なことを学ばせてもらったと思います。誰かを直接助けるというのは助けられた方がお礼をする機会もありますが、献血というのはそういうことが難しいものなので、こういうイベントを通して、献血をした方が少しでも報われるものになったと思います」と話した。また、若い世代へ向けても献血をPR。「学生であるからこそ、献血をする時間がないとか知る機会がなく若い世代の献血者数が減っているんだと思います。僕がこうやって発信する側になったことで、たとえば僕のフィギュアスケートを見て献血を知るきっかけになればと思います」と訴えた。
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top