日光特急スペーシア、ゴールドに模様替え | RBB TODAY

日光特急スペーシア、ゴールドに模様替え

エンタメ フォトレポート

金色に塗られた100系「日光詣スペーシア」公開(北春日部南栗橋車両管区春日部支所、4月17日)「日光詣スペーシア」
  • 金色に塗られた100系「日光詣スペーシア」公開(北春日部南栗橋車両管区春日部支所、4月17日)「日光詣スペーシア」
  • 「日光詣スペーシア」
  • 「日光詣スペーシア」
  • 「日光詣スペーシア」
  • 「日光詣スペーシア」
  • 「日光詣スペーシア」
  • 「日光詣スペーシア」
  • 「日光詣スペーシア」
東武鉄道は4月17日、北春日部南栗橋車両管区春日部支所で、金色に塗られた特急「スペーシア」用100系を公開。9本ある100系のうち103編成が、同社南栗橋工場でゴールドに仕立てられ、「日光詣スペーシア」という名で18日から日光線・伊勢崎線系統で営業運転に就く。

「ラッピングではなく、3色とも塗装で色づけした」という金色スペーシアのカラーリングは、世界遺産・日光二社一寺の色鮮やかな代表建造物をイメージ。日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社の金色、黒色、朱色が塗られている。「朱色は、既存のサニーコーラルオレンジとはまた別の色を調達した」と同社はいう。

103編成は、JR線乗り入れ仕様(106、107、108)ではないため、新宿発の特急運用などには充当されない。「浅草と日光などを結ぶ列車として、1日だいたい3往復運転される予定」と同社は話していた。

いっぽう、同じ北関東をネットワークする西武鉄道は、既報のとおり6000系が黄色にラッピングされて同社線を駆け始める。桜が散るこの時季、黄色と金色の電車が関東の私鉄沿線を色づける…。

その“右腕”を担う東武の100系は、1990年に登場し、走り続けて20年以上がたった。2014年4月には「東武グループ中期経営計画 2014~2016」で、「新型特急の投入(日光線・伊勢崎線系統)」が含まれた。今回の金色化は、浅草と日光方面を結ぶ東武の看板列車、100系「スペーシア」の“最後のコスプレ”となるかもしれない。

東武の看板列車、最後のコスプレ!? 100系「日光詣スペーシア」公開

《大野雅人@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top