羽生結弦選手、真央復帰は「“嬉しい”に尽きる」 あの“壁ドン”写真についても | RBB TODAY

羽生結弦選手、真央復帰は「“嬉しい”に尽きる」 あの“壁ドン”写真についても

 1日、日本赤十字は「平成27年はたちの献血キャンペーン」のキャラクターである男子フィギュアスケーターの羽生結弦選手を招き、いのちと献血の大切さを考えるイベントを行った。

エンタメ その他
羽生結弦選手
  • 羽生結弦選手
  • いのちと献血の大切さを考えるイベント
  • 羽生結弦選手
  • いのちと献血の大切さを考えるイベント
  • 羽生結弦選手
  • 羽生結弦選手
  • 羽生結弦選手
  • いのちと献血の大切さを考えるイベント
 1日、日本赤十字は「平成27年はたちの献血キャンペーン」のキャラクターである男子フィギュアスケーターの羽生結弦選手を招き、いのちと献血の大切さを考えるイベントを行った。

 この日は6月14日の世界献血デーを前に、羽生選手と“LOVE in Actionプロジェクト”のリーダーである山本シュウ氏を招き、世界献血デーや献血の現状について理解を深めるトークセッションが行われた。

 イベントでは、羽生選手が出演する献血のコマーシャルも上映。このコマーシャルはじめ、ポスターなどの広告にも羽生選手が登場していることから、これをきっかけに「献血を初めてした」というような声も多く、反響があったという。

 羽生選手は「献血は目に見えて誰かを助けたとはならないかもしれないですが、献血という行為は人の心にも凄く作用していると思います。このことを皆さんに知っていただき、これからも献血しようと思ってくださる方、献血によって助けられ感謝している方がいるということをシェアしてほしい」とアピールした。

 イベント終了後の囲み取材では、先日現役続行を表明した女子フィギュアスケーターの浅田真央選手について質問が飛んだ。羽生選手は「続行するということを発表するにはもの凄く勇気が必要だったと思いますし、やめる・やめないの中で多分色んなことを思われたと思うんです。まず、一選手としてニュースを聞いたときに凄く嬉しかったとともに、一ファンとして彼女の試合での演技が見られるかもしれないというワクワク感をいただけたので。本当に嬉しいという言葉に尽きると思います」とコメント。

 また、羽生選手の来シーズンについては、「昨シーズンはアクシデントがあり皆様にご心配をお掛けしたと思うんですけれども、健康に気を使いながら、選手生活というものを非常に大切にしながら、また来シーズンをやっていきたいと思います」と、昨年の練習中での怪我を振り返った。

 また先日、振付師の宮本賢二氏が自身のブログで公開して話題となった羽生選手の“壁ドン”写真について、あのショットが撮られた経緯などについても質問が。「(反響に)非常にびっくりしたんですけど。リハーサル中に(宮本氏に)ずっと振り付けをしていただいているわけではないので、その時にふざけて“どんな写真だったら面白いかな”と考えつつ。載せるつもりはなかったんですけど。皆で面白い写真を撮り合って、その一部が皆さんの前に出たという形です」と照れくさそうな笑顔を見せた。
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top