山路徹氏、不倫の危険性訴える「本当いいことないですよ」 | RBB TODAY

山路徹氏、不倫の危険性訴える「本当いいことないですよ」

エンタメ その他

 ジャーナリストの山路徹氏が13日深夜放送のフジテレビ系「僕らが考える夜」にゲスト出演。自らの不倫経験をもとに、結婚生活へのアドバイスを送った。

 “不倫”をテーマとした13日深夜放送回で、“不倫専門家”として登場した山路氏。「僕は専門家でなくて経験者」と訂正しつつ、「不倫は絶対にしちゃいけない」と番組冒頭から断言する。

 山路氏は「本当いいことないですよ、不倫は。未来がない」「相手の家庭を壊しているだけではなく、自分自身を壊している」「相手に家庭があれば、クリスマス、正月、夏休み、冬休み、みんな家庭にとられて、いちばんふたりきりでいたい時期にひとりでいなきゃいけない」と不倫のつらさを熱弁し、司会のお笑い芸人・土田晃之とHKT48・指原莉乃を「さすが経験者」「すごい」と感心させた。

 山路氏は、略奪婚についても「略奪婚は幸せだと思わないですよ。略奪によって手に入れた恋は略奪によって奪われるかもしれない」「いつもハラハラドキドキ心配しているような、神経をすり減らすような生活になっちゃったら何の意味もない」と訴える。

 また、不倫が起こる理由について「ひとつはセックスレスの問題」「旦那が家庭にセックスを持ち込まなくなると、女性は『私は何のために生きているの? 女なのにこのまま年をとっていってどうなっちゃうの?』みたいな危機感が生まれて、浮気や熟年離婚に向かわせる」と説明。そして「心と体は両輪ですから、両輪がそろっていないと結婚生活は前に進まない」とアドバイスした。しかし、土田は「バツ3の人が結婚生活うまくいく方法を教えてる」「お前ができてねぇじゃん」とツッコミ。山路氏は苦笑いしながら、「3回の結婚生活で学んだこと。4回目はもちろん(バッチグー)」と親指を立ててみせた。
《原田》

関連ニュース

特集

page top