IBMとFacebook、マーケティング領域ビジネスで業務提携 | RBB TODAY

IBMとFacebook、マーケティング領域ビジネスで業務提携

エンタープライズ 企業

提携に関する特設ページ
  • 提携に関する特設ページ
  • IBMによるリリースページ
 米IBMは現地時間6日、マーケティング領域ビジネスでFacebookと業務提携したことを発表した。さまざまな企業向けに、マーケティングソリューションを共同で提供する。

 IBMのマーケティング・クラウドを利用しているユーザーは、同日より、Facebookの広告機能をIBMのアナリティクスおよび設計機能と併用できるようになった。IBMの新ツール「Journey Designer」「Journey Analytics」を活用することも可能。これにより、対象の顧客グループがFacebookユーザー14億4,000万人にどのように属しているか特定し、匿名のまま顧客行動との関連を分析したりできる見込みだ。

 あわせてFacebookは、IBMの新しい研究・協業環境「IBM Commerce THINKLab」に初めて参画する企業となる。THINKLabでは、顧客体験をパーソナライズ化するための新技術の開発を推進するという。各企業は、IBM Commerce THINKLabの支援を受けることもできるとのこと。

 IBM Commerce担当ゼネラル・マネージャーであるディーパック・アドバニ氏は「コンシューマー向け製品を扱う企業と小売業者は、顧客が何を求めているかについて、より深い洞察を簡単かつ迅速に得ることができるようになります。実世界と仮想空間の間に存在していた隔たりを埋める、魅力的な体験を顧客に提供できるようになったのです」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top