日本のインターネット広告費、初の1兆円超え……電通調べ | RBB TODAY

日本のインターネット広告費、初の1兆円超え……電通調べ

エンタープライズ 企業

媒体別広告費(2012年~2014年)
  • 媒体別広告費(2012年~2014年)
  • 業種別広告費(マスコミ四媒体広告費)
  • 媒体別広告費(2005年~2014年)
 電通は24日、「2014年 日本の広告費」を発表した。日本の総広告費と、媒体別・業種別の広告費を推定した調査結果とのこと。

 それによると、2014年(1~12月)の日本の総広告費は6兆1,522億円で、6年ぶりに6兆円を超えた。前年比では102.9%の微成長ながら、3年連続の増加となっている。消費税率引き上げ前の駆け込み需要と、その反動があったが、ソチオリンピック2014、2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会などの大規模イベントにより、活発な動きを見せた。

 媒体別では、「新聞広告費」が前年比98.2%、「雑誌広告費」同100.0%、「ラジオ広告費」同102.3%、「テレビメディア広告費」同102.8%で、いわゆる4マス媒体は101.6%となった。また、スマートフォン・動画広告・新しいアドテクノロジーを利用した広告により「インターネット広告費」が1兆519億円(前年比112.1%)と伸びを見せ、初の1兆円超え市場になったという。なお「プロモーションメディア広告費」も100.8%で3年連続成長となった。業種別(マスコミ四媒体、ただし衛星メディア関連は除く)では、全21業種中14業種が前年を上回った。

 インターネット広告費のうち、媒体費は8,245億円(同114.5%)、制作費は2,274億円(同104.4%)。市場の内訳をみると、枠売り広告やアフィリエイト広告が堅調に推移し、運用型広告は大きく伸長した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top