香取&綾瀬が宇宙人の夫婦に!? 三谷幸喜最新作は“スペースロマンチックコメディ” | RBB TODAY

香取&綾瀬が宇宙人の夫婦に!? 三谷幸喜最新作は“スペースロマンチックコメディ”

エンタメ 映画・ドラマ

三谷幸喜
  • 三谷幸喜
  • 綾瀬はるか
  • 綾瀬はるか(既報より)
 ドラマや映画など劇作家・脚本家として活躍する三谷幸喜の最新作『ギャラクシー街道』の製作が決定した。舞台はなんと宇宙で登場人物は皆宇宙人の「ロマンチックコメディ」であるという。主演はSMAPの香取慎吾と女優の綾瀬はるか。

 「ロマンチックコメディをやってみたかったのですが、普通の恋愛モノでは面白くない。そこで舞台を宇宙にしてしまおう!と思いつきました」と語る三谷。『ザ・マジックアワー』でも、スタジオに街のセットを丸ごと作ったりとスケールの大きな舞台で撮影した作品もあったが、今回のスケールは桁違い、宇宙である。「今の技術を使えば、いくらでもCGで宇宙を作ることはできますが、スタジオのセットで作る、手作り感満載の宇宙が見てみたい!という、僕の希望で、今回は敢えてCGではなくセットで宇宙空間を作ります」と、なんと今回も舞台を丸ごと“作る”そうだ。

 さらに、“宇宙”つながりでやはり目指すはあの話題作?「偶然にも、今年はあの『スター・ウォーズ』新作も公開されます。ライバルはもちろん『スター・ウォーズ』!!目指すはSWシリーズ最高興収(『エピソード1/ファントム・メナス』の132.6億円)越え。目標も宇宙規模でいきたいと思っています」と、なんとも三谷らしい意気込み。

 キャストは、三谷監督作品には『みんなのいえ』、『THE 有頂天ホテル』、『ザ・マジックアワー』にも出演していたSMAPの香取慎吾と、『ザ・マジックアワー』以来の出演となる綾瀬はるか。2人は宇宙人の夫婦を演じる。このキャスティングに関して三谷は「主演の香取さんは、信頼する俳優さんの一人です。彼にはまだまだ隠れた引き出しが沢山あると思っています。今まで彼が演じてきた役柄ではなく、今回はあくまで等身大の人間を演じてもらうつもり。香取さん主演の舞台『オーシャンズ11』を観て、香取さんとジョージ・クルーニーには共通するところがあると感じたので、今回の役柄はジョージもちょっと入っています」と、宇宙人+ジョージ・クルーニー!?という一体どんな役どころなのか気になる情報が。

 綾瀬については「ピュアで天然なイメージがありますが、『ザ・マジックアワー』でご一緒した時にとてもクレバーな方だなと感じました。その後、大河ドラマなど様々な経験を積まれて、より演技にも深みが出て、ぜひもう一度ご一緒したいと思っていました。綾瀬さんは物を食べる時に、本当に美味しそうに食べるイメージがあります。今回は宇宙一食べ方がかわいいキャラクターになっています」とのこと。

 撮影は3月にクランクインし、公開は2015年10月予定。
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top