あだち充でも判らない!? 担当編集者が『タッチ』などの主人公見分けられず謝罪 | RBB TODAY

あだち充でも判らない!? 担当編集者が『タッチ』などの主人公見分けられず謝罪

エンタメ ブログ

ゲッサン編集部Twitter
  • ゲッサン編集部Twitter
  • 「月曜から夜ふかし」司会のマツコ・デラックス
 人気漫画『タッチ』などで知られるあだち充を11年間担当してきた編集者・市原武法氏が9日深夜放送の日本テレビ系「月曜から夜ふかし」に出演。顔が似ているあだち作品の主人公キャラクターを判別できなかったとして放送後に「ゲッサン編集部」のTwitterで謝罪した。

 この日の放送では「間違いやすいもの」を見分ける方法が紹介された。かねてより主人公など登場キャラクターの顔が似ていて見分けがつきにくいとされてきたあだち作品。特に似ているとされる『タッチ』の上杉達也、『日当り良好』の高杉勇作、『みゆき』の若松真人という主人公たちの顔だけで名前を当てるという問題が市原氏に出題された。

 「今まで一度も間違えたことがない」と豪語した市原氏だったが、結果はすべて不正解。市原氏は放送後、Twitterを更新。オンエアはあだちとともに仕事場で鑑賞していたそうだが、「全国のあだち充ファンの皆様、大変申し訳ありませんでした!」と謝罪。「僕はあだちファンとしてイチから出直す覚悟ですが、全国のあだちファンの中で全問正解出来る猛者の方は是非僕の仇をとってくださいませ。いやー屈辱だ。11年も担当してるのに」と悔しさをあらわにした。

 なお、編集者の市原氏だけでなく、なんと作者のあだち自身も見分けがつかなかったようで、「番組を見たあだち先生から一言『だから俺にもわからねえよ!』」と明かした。
《花》

関連ニュース

特集

page top