放送とスマホ画面をシンクロさせる新技術「msync-CAM」が発表に | RBB TODAY

放送とスマホ画面をシンクロさせる新技術「msync-CAM」が発表に

エンタープライズ モバイルBIZ

「msync-CAM」サービス概要
  • 「msync-CAM」サービス概要
  • 放送エリア毎の補正について
  • 「msync-CAM」ロゴ
 テレビ朝日と米Vobileは25日、スマートフォンやタブレッド等のセカンドスクリーンを用いてテレビ番組の新たな視聴スタイルを提供する「msync-CAM」を共同開発したことを発表した。

 現在のテレビ放送では、放送エリア毎に伝送手段が異なる場合があり、すべての放送エリアで映像の再生タイミングが一致しているわけではない。そのため、テレビ映像とスマートフォンなどで再生される映像を同期させることは困難だった。

 「msync-CAM」は、放送とインターネット(セカンドスクリーン)の映像再生タイミング同期技術。テレビ朝日が保有する技術をベースに、Vobileの音声解析技術を活用して両社で共同開発した。

 これにより、番組の内容に同期したマルチカメラの映像を、手元のスマートフォンやタブレットで視聴できるため、スポーツ番組でマルチカメラによる競技シーンを提供したり、音楽番組でグループメンバーそれぞれをマルチカメラでフォーカスしたりすることが可能になるという。

 本技術は、家電見本市「2015 International CES」開催期間中(2015年1月6日~9日)に、米ラスベガスEncore at Wynn Las VegasのSuite Roomにてプライベートデモを行う予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top