アイ・オー・データからコンセントタイプの無線LAN中継機が販売開始 | RBB TODAY

アイ・オー・データからコンセントタイプの無線LAN中継機が販売開始

エンタープライズ セキュリティ

小型で隣のコンセントに干渉しにくい。電波状況は本体のLED色で確認できる(画像は同社リリースより)。
  • 小型で隣のコンセントに干渉しにくい。電波状況は本体のLED色で確認できる(画像は同社リリースより)。
 アイ・オー・データは無線LAN中継機「WN-G300EXP」を12月12日より販売開始した。コンセントに直接差し込み、無線LANを中継して電波を増強することができる。価格は4,400円。

 本機はコンセントに直挿しできる無線LAN中継機で、IEEE802.11b/g/n(最大300Mbps)に対応する。小型のため隣のコンセントに干渉しにくい点が特徴だ。WPSに対応し親機のSSIDと暗号キーをそのまま中継するため、元々接続されていた機器に関しては再設定が不要となっている。

 本体のLEDは色によって電波強度を示しているため、設置場所の選定がしやすい。1Fと2Fで無線LANが届きにくい一般家庭はもちろん、店舗内で無線タイプのネットワークカメラの受信状況がよくなくノイズが入るような場合でも、手軽に環境改善ができるだろう。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top