ネットギアジャパンより10GBASE対応スタッカブル・スマートスイッチ4機種が発売 | RBB TODAY

ネットギアジャパンより10GBASE対応スタッカブル・スマートスイッチ4機種が発売

エンタープライズ セキュリティ

PoE対応モデルは24基もしくは48基すべてのポートで最大30Wの電力供給が可能。多数の無線LANアクセスポイントやIPカメラなどの使用を想定している(写真は同社webより)。
  • PoE対応モデルは24基もしくは48基すべてのポートで最大30Wの電力供給が可能。多数の無線LANアクセスポイントやIPカメラなどの使用を想定している(写真は同社webより)。
 ネットギアジャパンは10ギガイーサネットポートを備え、全ての1000BASE-TポートがPoE+に対応したスタッカブル・スマートスイッチ 『S3300シリーズ』 4機種を12月11日より発売開始した。

 全機種で10ギガイーサネットポートを4基装備(10GBASE-Tポート×2、SFP+スロット×2)し、最大6台のS3300シリーズスイッチをスタッキングできる。これによって40Gbpsのバックプレーンを構築することが可能となっている。

 製品構成は1000BASE対応-Tポートが24ポートと48ポートの2種類、それぞれPoE+対応(最大30W)と非対応モデル2種類の計4モデルとなる。全機種ライフタイム保証で、標準価格は税別110,000円から330,000円。

 大規模なネットワークカメラシステムではPoE対応機器が必須となるが、シンプルなGUIや複数のスイッチを一括管理できる「Smart Control Center(SCC)」の用意もあり、管理運用も手間がかからない。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top