アプリだけで「光ID」受信を可能に!パナソニックが独自開発 | RBB TODAY

アプリだけで「光ID」受信を可能に!パナソニックが独自開発

エンタープライズ モバイルBIZ

「光ID」技術の概要
  • 「光ID」技術の概要
  • 「光ID」技術の活用例
 パナソニック(AVCネットワークス社)は11日、可視光通信技術を発展させ、スマートフォンでID信号(光ID)を高速受信する技術を独自開発したことを発表した。

 従来、光IDをスマートフォンで読み取るためには、専用の受光器が必要だったり、低速(約10数bpsレベル)でしかデータ送受信を行えなかったり、さまざまな制約があった。新技術では、専用アプリケーションソフトをインストールするだけで、スマートフォンと光IDの発信機器(LED光源)の間での光ID送受信が可能になる。また、従来技術の数百倍の通信速度(数キロbps)で光IDを高速送受信することが可能。

 これにより、デジタルサイネージ、LED照明などのLED光源に、スマホのカメラをかざすだけで、さまざまな情報がすばやく受信可能となる見込みだ。

 同社ではO2O分野などでの実用化に向け、三越伊勢丹ホールディングスおよび伊勢丹新宿本店の協力により、光IDを用いた情報提供サービスの試行体験会を実施する予定。今後は、本技術を用いた「光ID発信機器」の2015年度商品化を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top