三井不動産がセキュリティインフラ事業に進出 | RBB TODAY

三井不動産がセキュリティインフラ事業に進出

エンタープライズ セキュリティ

SeeITでは高画質な映像データのみをクラウドで管理することで通信データの削減も含めてコストを低減する(画像は同社リリースより)。
  • SeeITでは高画質な映像データのみをクラウドで管理することで通信データの削減も含めてコストを低減する(画像は同社リリースより)。
 三井不動産は12月10日、映像監視システムを事業核とするクリューシステムズに出資し、セキュリティインフラ事業へ参入することを発表した。

 クリューシステムズはクラウド技術を活用したデジタル映像データの管理を得意としている。同社が開発した映像監視ソリューション「SeeIT (シーイット)」を、映像データを分析する際の「映像プラットフォーム」として、共に展開していく予定だ。

「SeeIT」は、複数拠点や遠隔地における大容量の映像データをクラウド上で統合的に扱うことを可能とする。すでに鉄道の踏切監視などで採用されており、三井不動産内でもオフィスビル、商業施設などの監視システムとして運用されている。

 両社はクラウドを利用した映像分析が医療・介護分野などあらゆる分野での映像活用に応用できることから、同ソリューションの販売を強化し、他社の監視カメラや映像分析ソフトに対しても独自技術をライセンス提供するなど、普及拡大を見込んでいる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top