フリーザ復活の「F」、鳥山明がマキシマム ザ ホルモンの楽曲からインスパイア | RBB TODAY

フリーザ復活の「F」、鳥山明がマキシマム ザ ホルモンの楽曲からインスパイア

 2015年公開の新劇場版『ドラゴンボールZ』のタイトルが『ドラゴンボールZ 復活の「F」』に決定。同作で復活することが明らかになった人気キャラクター・フリーザを表す「F」の表記が、ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンの楽曲から付けられていたことがわかった。

エンタメ ブログ
 2015年公開の新劇場版『ドラゴンボールZ』のタイトルが『ドラゴンボールZ 復活の「F」』に決定。同作で復活することが明らかになった人気キャラクター・フリーザを表す「F」の表記が、ロックバンド・マキシマム ザ ホルモン(以下:ホルモン)の楽曲から付けられていたことがわかった。

 2015年のゴールデンウィーク公開と発表されていた同作だが、公開日が同年4月18日に決定。さらにビジュアルも解禁され、最強最悪の敵であるフリーザが復活することが明かされた。

 同作のタイトルともなった「F」だが、ホルモンの楽曲でフリーザについて歌った同名タイトルから付けられたという。髄膜炎のため入院していた同バンドのマキシマムザ亮君は、退院後の20日に更新したTwitterで、「昨年、鳥山明先生がライブ来てくれた後、ホルモンの『F』にインスパイアされて映画の脚本が進んだとおっしゃってくれて、フリーザを『F』と表記するのも使ってよいかわざわざメールも頂きました」と明かし、「感激!退院後弱ってたけど一気に元気出た!」と喜んだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top