高倉健さん追悼……降旗監督「残念の一語」、大竹しのぶ「神様になってしまった」 | RBB TODAY

高倉健さん追悼……降旗監督「残念の一語」、大竹しのぶ「神様になってしまった」

エンタメ その他
10日に悪性リンパ腫で亡くなっていた俳優高倉健(享年83)
  • 10日に悪性リンパ腫で亡くなっていた俳優高倉健(享年83)
  • 10日に悪性リンパ腫で亡くなっていた俳優高倉健(享年83)
 俳優・高倉健さんの訃報を受け、『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年)や『駅 STATION』(1981年)など数多くの作品でタッグを組んだ降旗康男監督や、『鉄道員』で共演した女優・大竹しのぶらが東映を通じてコメントした。

 降旗監督は「残念の一語に尽きる」と、日本を代表する映画俳優との別れを悔やんだ。

 大竹は「『鉄道員』での、たった一度だけの共演でしたが、十本も二十本も映画を撮ったような、豊かで素晴らしいことを沢山教えて頂きました」と、高倉さんとの共演を振り返り、「映画人『高倉健』の魅力は、そのまま、人間『高倉健さん』の魅力です。美しく、気高く、そして何よりも優しい健さんを一生忘れません。神様みたいな人が、本当の神様になってしまったようです。淋しいです」と惜別の思いをコメント。

 また、高倉さん主演映画『新幹線大爆破』(1975年)でメガホンを取った佐藤純彌監督は、「映画がまだ元気だった頃、時代を背負ったスターと共に仕事が出来たことは幸せでした。時の移り変わりは当然のことですが、高倉健さんは決して死なないような気がして、訃報を聞いた時は、ひとつの時代が終わったことを実感しました」と故人を偲んだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top