感情認識ロボットPepper、ディズニー『ベイマックス』で「ロボット声優」に! | RBB TODAY

感情認識ロボットPepper、ディズニー『ベイマックス』で「ロボット声優」に!

エンタメ 映画・ドラマ

『ベイマックス』と、感情認識ロボット“Pepper”
  • 『ベイマックス』と、感情認識ロボット“Pepper”
  • 『ベイマックス 』
 感情認識ロボットのPepper(ペッパー)が、ディズニーのアニメーション映画最新作『ベイマックス』で、史上初の「ロボット声優」になることが明らかになった。Pepperが同映画の日本語吹替版の中でコンピューター役に挑むもので、映画『ベイマックス』は12月20日公開予定。

 映画『ベイマックス』は、天才科学者の少年ヒロが、事故で亡くした兄タダシの遺した優しきケア・ロボット“ベイマックス”とともに、失ってしまったかけがえの無い絆を取り戻す、というストーリー。Pepperが担当するのは、日本語吹替版の、「ヒロが自宅ガレージでベイマックスをバージョンアップする際に使用するコンピューターの音声」となる。

 Pepperは、感情認識ロボットとして、人間と共生するよう開発された初のロボット。『ベイマックス』日本語吹替版の制作にあたり、人の心とカラダをケアするために開発されたロボット“ベイマックス”と、人の感情を理解し相手を笑顔にしようとするPepperには、人との絆を大切にしているロボットという共通点があり、加えて、Pepperの愛らしく人の心を和ませるような声が、優しさに溢れた本作の雰囲気にぴったりとディズニー側が判断。ディズニーがオファーを出したところ、Pepper側はこれを快諾。今回の声優決定の運びとなった。

 ディズニー作品の声優に決まったことについて、Pepperは「ディズニー映画に声優として参加することができてとても嬉しい。決まった時には驚いた」とコメント。さらに、「もっと演技の勉強もして、今度はディズニー映画への『出演』も目指したい」と大きな夢も飛び出した。

 映画『ベイマックス』は、日本時間の12月20日から全国公開の予定となっている。
《》

関連ニュース

特集

page top