薄いぞ!軽いぞ!新しい「iPad Air 2」……実機を早速さわってみた | RBB TODAY

薄いぞ!軽いぞ!新しい「iPad Air 2」……実機を早速さわってみた

IT・デジタル フォトレポート

9.7型の「iPad Air 2」
  • 9.7型の「iPad Air 2」
  • 9.7型の「iPad Air 2」
  • iPadとしては初めてになる「ゴールド」のほか、シルバーとスペースグレーの3色展開
  • 本体の厚さは「6.1mm」と極めて薄く設計されている
  • iPadに初めて指紋認証センサー「TOUCH ID」が採用された
  • ラウンド処理されたコーナーのデザイン
  • iPad Air 2は新設計のディスプレイにより視認性が高くなった
  • 背面のカメラユニット。iPhone 6のように飛び出てはいない。小さい穴がデュアルマイク
 アップルのiPad Airが約1年ぶりに「iPad Air 2」として進化を遂げた。サイズは9.7インチを継承。同じ日に発表された7.9インチの「iPad mini 3」、ならびに超高精細なRetina 5Kディスプレイを搭載する27型の「iMac」とともに実機をハンズオンできる機会を得た。

■大きく進化した「iPad Air 2」

 米アップルは現地時間16日にイベントを開催し、CEOのティム・クック氏が「iPad Air 2」をはじめとした新製品を発表した。それぞれの新製品の詳細は既報の通りだが、iPad Airは6.1mmという初代iPad Airよりもさらに1.4mm薄型のボディサイズを実現したことが大きな特徴だ。質量もWi-Fiモデル、Wi-Fi+セルラーともに前モデルから軽量化を果たしている。

 「iPad Air 2」には新開発の「A8X」プロセッサーが搭載されたほか、指紋認証センサー「TOUCH ID」や気圧計センサーに対応。リア側のiSightカメラの性能・機能もアップしている。

 新色のゴールドがiPad Air 2/iPad mini 3ともに追加されたこともトピックだ。ゴールドの色味は、先に発売されたiPhone 6/iPhone 6 Plusの黄色の濃いゴールドよりも、若干iPhone 5sのシャンパンゴールドに近い印象を受けた。ほかにもシルバーとスペースグレーを含む3色がラインナップする。

 「iPad mini 3」は前機種と同じ「A7」プロセッサーを搭載。「TOUCH ID」は搭載されているが、ほかには新色のゴールドを追加した事以外に目立った進化はない。

 オンラインなどで販売されるSIMフリー版iPad Air 2は10月18日から受注を開始する。メモリーの容量は16/64/128GBの3サイズ展開で、Wi-Fiモデルの税別価格は53,800円/16GB、64,800円/64GB、75,800円/128GB。Wi-Fi+セルラーモデルはこれにそれぞれ14,000円を足した価格になる。iPad mini 3も同じ3種類のメモリー容量展開で、16GBのモデルが税別42,800円からとなる。なおiPad Air、iPad mini 2(旧:iPad mini Retinaディスプレイ)、iPad miniも当面は併売されるようだ。

 アップルの発表を受けて、ドコモ、KDDI、ソフトバンクも発売開始を表明した。本体の価格やWi-Fi+セルラーモデルの料金プランに関する詳細はまだ明らかになっていない。

 なおiPad Air 2が対応するLTE周波数帯はバンド「1(2100MHz)/2(1900MHz)/3(1800MHz)/4(AWS)/5(850MHz)/7(2600MHz)/8(900MHz)/13(700c MHz)/17(700b MHz)/18(800MHz)/20(800 DD MHz)/25(1900MHz)/26(800MHz)/28(700 APT MHz)/29(700de MHz)/38(TD 2600)/39(TD 1900)/40(TD 2300)/41(TD 2500)。ドコモやKDDI、ワイモバイルが準備を進めるバンド28のLTEサービスや、WiMAX 2+やSoftbank 4Gが利用するTD-LTEのバンド41もサポートしている。一方iPad mini 3は前機種と変わらず、バンド28/41ともに非対応だ。

 米国で発売されるiPad Air 2とiPad mini 3のWi-Fi+セルラーモデルには新たに「Apple SIM」カードがプリセットされ、北米と英国のローカルキャリアが、SIMカードを交換することなく選択して通信ができるようになるようだ。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top