KDDI、LTE-Advancedのエリア形状を制御する実験 | RBB TODAY

KDDI、LTE-Advancedのエリア形状を制御する実験

エンタープライズ モバイルBIZ

AASの仕組み
  • AASの仕組み
  • 指向性制御技術による通信品質改善のイメージ
  • AASの外観
 KDDIとKDDI研究所は29日、LTE-Advanced向けの無線機内蔵小型アンテナ「アクティブアンテナシステム(AAS:Active Antenna System)」において、カバーエリア形状を自在に制御できる機能を実装し、屋外実験を実施したことを発表した。

 AASは、同一筐体に複数のアンテナと小型無線機を搭載した基地局装置。4G以降の将来のモバイルネットワークでの活用が期待されている。今回、電波を強める方向と弱める方向を制御し、カバーエリア形状を自在に制御できる機能(指向性制御技術)を実装。3月より、栃木県栃木市において、屋外実験を実施した。

 その結果、従来の基地局装置と比較して、マクロセル内のスモールセルエリアでのダウンロード速度が約1.6倍となることを実証した他、消費電力を約50%低減できることを確認した。なおAASに指向性制御技術を実装しての実験は国内初。

 KDDI研は、2012年3月に従来型アンテナと同等サイズまで小型化したAASを試作開発し、2013年3月には国際標準プロトコル「AISG」(Antenna Interface Standard Group)に対応した指向性制御技術を考案、特許4件を出願しているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top