【Interpets 2014 Vol.25】ロイヤルカナン、ペット長生きのポイントが分かるブースツアー | RBB TODAY

【Interpets 2014 Vol.25】ロイヤルカナン、ペット長生きのポイントが分かるブースツアー

エンタメ その他

ロイヤルカナンのブース
  • ロイヤルカナンのブース
  • 中高齢期の変化について解説
  • 定期的に健康診断して、早めのケアをしてあげるように呼びかける
  • 体型チェック
  • 標準体型の維持が寿命につながる
  • インターネットで栄養学のラーニングプログラムができる
  • ブースツアー参加者にはお散歩バッグがプレゼントされた
 ロイヤルカナン(ROYAL CANIN)のブースでは、愛犬、愛猫が長生きするためのポイントを高齢化と肥満をトピックスに解説していくブース内ツアーを実施しており、参加者にはお散歩バッグと体型管理手帳がプレゼントされていた。

 ペットが中高齢期になると、運動をしなくなる、白髪ができる、歯石が多くなるなど目に見える変化が現れるが、これらは氷山の一角。これ以外にも内臓が衰え始めるなど見えない変化がでてくるため、定期的に健康診断をするなどケアをしてあげることが大切だという。また、犬の体型のチェックの仕方を学べる箇所もあった。データによると標準体型になることにより寿命が2年伸びるとしている。

 世界歴代最高齢の犬・猫の年齢は?というクイズも出されたが、犬では29歳、猫は38歳。これは平均の2倍で、人間でいえば140~150歳以上にも相当するといしている。

 なお、同社では犬と猫の栄養学講座のラーニングプログラムを展開しており、ブースでもプログラムを体験することができる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top