子育て中の共働き夫婦、夫の約7割が「妻の家事ハラ」を経験 | RBB TODAY

子育て中の共働き夫婦、夫の約7割が「妻の家事ハラ」を経験

エンタメ 調査

「妻の家事ハラ」ムービー画像
  • 「妻の家事ハラ」ムービー画像
  • スペシャルサイト『妻のカジハラ白書』
  • 自宅で家事を手伝ったことがあるかどうか
  • 妻から家事ハラを受けたことがあるか
  • 「妻の家事ハラ」を受けたことがある家事
  • 「妻の家事ハラ」を受けたことがある内容
  • 「妻の家事ハラ」をしてしまった内容
  • 夫の家事参加意欲向上のために、妻が心掛けていること
 旭化成ホームズは14日、30代~40代の共働き・子育て夫婦を対象に実施した「妻の家事ハラ」に関する調査結果を発表した。その調査結果や「妻の家事ハラ」をドラマ風に再現したムービーが視聴できるスペシャルサイトも公開している。

 この調査は「共働き家族研究所」の設立25周年を機に行われたもの。「共働き家族研究所」では、夫の家事協力に対する妻のダメ出し行為を、「妻の家事ハラ」と定義し、当事者へのアンケート調査を行った。調査期間は6月20日~23日で、全国30代~40代、子育て中(末子6歳以下)、共働き夫婦(妻がフルタイム勤務)の1,371名から回答を得た。さらにこのなかから、「妻の家事ハラ」を経験したことがある夫472名、夫に「家事ハラ」をしてしまったことがある妻459名からも回答を得た。

 まず、「夫が自宅で家事を手伝ったことがあるかどうか」を聞くと、「ある」は93.4%。内訳は「よく手伝う」47.2%、「たまに手伝う」46.2%となっている。一方で「妻の家事ハラ」について夫に聞くと、「ある」と答えた夫は65.9%存在した。「必ずある(8.0%)」と「よくある(15.8%)」を合計した、高頻度経験者は全体の23.8%、「たまにある」は29.7%、「1度くらいはある」は12.4%となっており、かなりの「妻の家事ハラ」が確認された。ただし「妻の家事ハラ」を経験している夫婦でも、8割以上(82.2%)は「仲が良い」と回答しており、かならずしも夫婦の仲に決定的な影響を及ぼしている訳ではないことも確認されている。

 夫には「妻の家事ハラ」を受けたことがある家事の内容を、妻には「家事ハラ」を夫にしてしまったことがある家事の内容をそれぞれ聞いてみたところ、夫・妻ともに1位は「食器洗い(夫=50.8%、妻=39.0%)」、2位は「洗濯物を干す(夫=35.4%、妻=38.3%)」と同様の順位となっている。

 そこで、具体的な内容をそれぞれ聞いてみたところ、夫の1位は「やり方が(妻のルールや手順)と違う!と指摘を受けた(42.6%)」、2位は「やり方が雑、ちゃんとしていない!と指摘を受けた(39.8%)」、3位は「やり方が下手!と指摘を受けた(26.3%)」となった。妻の回答1位は、「やり方が雑、ちゃんとしていない!と指摘をしてしまった(40.1%)」、2位は「やり方が(妻のルールや手順)と違う!と指摘をしてしまった(36.2%)」となり、1位と2位の順位が入れ替わったものの、夫と同様の回答だった。3位には「不経済(使いすぎ、余計である等)と指摘をしてしまった(30.7%)」がランクインしている。

 なお「夫の家事」を時給で換算し、評価をしてもらったところ夫の査定平均は1,008円だったのに対し、妻の平均査定は夫よりも200円以上安い804円という結果となっている。また「妻の家事ハラ」を受けたときの、夫のやる気がなくなる率は約9割(89.6%)だった。夫の家事参加意欲向上のために、妻が心掛けていること1位は「ありがとう」と言うことだった。今後も増加が見込まれる子育て・共働き夫婦が円満に生活していくためには、「妻の家事ハラ」を解消するお互いの気遣いが1つの鍵となりそうだ。

 この結果について、旭化成ホームズ「共働き家族研究所」の入澤敦子所長は、「家事ハラ発生率の高い『食器洗い』『洗濯物干し』は、家事デビューの夫にとって、妻のやり方(流儀)が数多く潜み、しかも見えづらい。“雑さ”が歴然と妻の目にふれる象徴的な家事だと言える」とコメント。また「妻の家事ハラは、情報の共有の大切さを感じさせる」と指摘している。

 旭化成ホームズオフィシャルHP内のスペシャルサイト『妻の家事ハラ白書』では、ドラマ風の再現ムービーも公開中だ。


《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top