Google Glass、アプリを共同開発する“パートナー企業”「Glass at Work」開始 | RBB TODAY

Google Glass、アプリを共同開発する“パートナー企業”「Glass at Work」開始

 Googleは16日(現地時間)、Google Glassの企業向けソリューションの開発に携わる企業認定プログラム 「Glass at Work」を開始した。

IT・デジタル その他
メガネ型ウェアラブル端末「Google Glass」
  • メガネ型ウェアラブル端末「Google Glass」
  • 「Glass at Work」について発表したGoogle+のGoogle Glassページ
  • 「Glass at Work」への応募フォーム
 Googleは16日(現地時間)、Google Glassの企業向けソリューションの開発に携わる企業認定プログラム 「Glass at Work」を開始した。

 「Glass at Work」は、Googleが個人向けのExplorerプログラム(プロトタイプの同製品のユーザー)に加えて、企業向けに新たにパートナーを認定したもの。パートナーとなった企業は、業務で活用するアプリなどを共同で開発していく。

 同プログラムについて発表したGoogle+のGoogle Glassページでは、認定企業の第1陣も発表されており、APX Labs、Augmedix、CrowdOptic、GuidiGO、Wearable Intelligenceの5社が名を連ねている。Googleでは、今後もこういった“パートナー企業”を増やしていく予定で、応募フォームも用意している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top