全国主要14都市のDL速度、Android・iPhoneともにソフトバンクが1位に | RBB TODAY

全国主要14都市のDL速度、Android・iPhoneともにソフトバンクが1位に

エンタープライズ モバイルBIZ

最新の全国主要都市通信速度の調査結果
  • 最新の全国主要都市通信速度の調査結果
  • 全国主要都市のダウンロード平均スピード
  • ダウンロード平均スピード分布
  • 全国主要14都市通信速度調査(スポット別詳細 1/3)
  • 全国主要14都市通信速度調査(スポット別詳細 2/3)
  • 全国主要14都市通信速度調査(スポット別詳細 3/3)
 MMD研究所は4日、各キャリアから夏モデルの主要Android端末が発売されたことを受け、Androidの夏モデル端末とiPhone 5cを使用し、全国の主要都市(14都市95個所)にて、通信速度を調査した結果を発表した。

 この「2014年6月最新Android、iPhone 5c 全国主要都市通信速度調査」は、札幌、盛岡、仙台、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、岡山、高松、広島、福岡、熊本の14都市95個所にて、5月24日~28日に実施。docomo「XperiaZ2 SO-03F」、au「GALAXY S5 SCL23」、SoftBank「AQUOS Xx 304SH」とiPhone5cを使用し、通信速度テストを実施した。調査スポットは主要都市の駅・ランドマークをランダムに抽出(LTE化率は100%)。計測には「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを利用し、10時~19時の時間帯に同条件下で各端末3回計測を行い、平均値を記録した。

 その結果、全国主要14都市95個所のダウンロード平均スピードは、AndroidではSoftBankが29.89Mbps、docomoが28.02 Mbps、auが25.12 Mbps、iPhoneではSoftBankが29.67Mbps、docomoが25.33Mbps、auが20.67 Mbpsとなり、ともにSoftBankがトップとなった。

 なお今回の調査スポットでの最速地点は、auのAndroidが高松「高松空港」で記録した87.97Mbpsだった。docomoの最速地点はAndroidで金沢「堅町ストリート」の74.80Mbps、SoftBankの最速地点がiPhoneで金沢「香林坊109」の66.37Mbpsだった。

 ダウンロード平均スピードが20Mbps以上の調査スポット数は、Androidではdocomoが65個所(68.4%)、auが58個所(61.1%)、SoftBankが78個所(82.1%)、iPhoneではdocomoが59個所(62.1%)、auが40個所(42.1%)、SoftBankが72個所(75.8%)となっている(総数95個所)。

 携帯キャリアごとに分布を見てみると、docomoはAndroid、iPhoneともに「20以上30Mbps未満」の調査スポットがもっとも多く、ともに31個所で32.6%だった。auは、Androidが「20以上30Mbps未満」が多く29個所30.5%、iPhoneは「10以上20Mbps未満」がもっとも多く42個所44.2%だった。SoftBankはAndroidが「20以上30Mbps未満」が多く33個所34.7%、iPhoneが「30以上40Mbps未満」でもっとも多く28個所29.5%だった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top