サイバーエージェント×乃木坂46、タブレット1,200台で舞台公演と連動 | RBB TODAY

サイバーエージェント×乃木坂46、タブレット1,200台で舞台公演と連動

ブロードバンド その他

特別アプリ表示中の「Kobo Arc 7HD」
  • 特別アプリ表示中の「Kobo Arc 7HD」
  • 公演中限定の、オフショット/メッセージなども閲覧可能
 サイバーエージェントは2日、タブレット端末1,200台と舞台演出が連動する体験型企画を実施することを発表した。タブレット端末を利用し、乃木坂46の舞台「16人のプリンシパルtrois」の配役を、観客がその場で決定するという。

 この企画では、電子書籍リーダー端末「kobo Arc 7HD」1,200台が、すべての観客に貸し出される。乃木坂46のメンバー総勢43名が出演する舞台で、第一幕のコントによる公開オーディションの舞台を見た観客が、その場でリアルタイム投票を行い、第二幕に出演する16名の配役を決定する。

 「kobo Arc 7HD」には、本公演のために独自に開発されたアプリケーションがインストールされており、リアルタイム投票に使用するだけでなく、舞台演出やミニライブとも連動する。開場中や休憩中に楽しめるコンテンツ、公演概要の説明、メンバーの写真や稽古風景などの特別コンテンツも用意されているとのこと。

 「16人のプリンシパルtrois」は、5月30日スタートで、赤坂ACTシアターにて全22公演の予定。脚本・演出は「勇者ヨシヒコ」「コドモ警察」の福田雄一氏が手掛けている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top