NICT、UWBによる高精度屋内測位システムを開発……数10cmの精度で計測 | RBB TODAY

NICT、UWBによる高精度屋内測位システムを開発……数10cmの精度で計測

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

UWB測位を利用したナビゲーション
  • UWB測位を利用したナビゲーション
  • 他のアプリケーション例
  • 測位のイメージ
 情報通信研究機構(NICT)は26日、無線通信技術「UWB」(Ultra Wide Band)を活用した高精度の屋内測位システムを開発したことを発表した。リアルタイムで数10cm程度の高精度で位置測定が可能。

 UWBを用いた屋内測位システムでは、ナノ秒単位の非常に短いパルスの電波を用いることで、Wi-Fi(数m程度の精度)やIMES(10m程度の精度)等の屋内測位システムより、一桁以上高い精度で位置測定できるという。一方で、測定距離が短いため、機器を多数設置しなければならないという課題があった。

 今回開発したNICTは、UWB(7.25~10.25GHz)を利用した高精度の屋内測位システムを開発。測定距離を増大させる技術を取り入れることによって、測定距離を3倍以上上回る30mに増大させた。これにより、機器数を減少させることが可能となった。また、利用者が携帯しやすいよう、UWB移動機として、スマートフォンに連結した形状の端末や作業ポケットに入れられる小型端末などを開発した。さらに、この屋内測位システムは、視覚障がい者が歩行する上で主な障害となる段差、階段の有無や道幅などの状況を考慮したルートも算出できる。

 NICTでは、今回開発した高精度の屋内測位システムをショッピングモールや物流倉庫に設置し、顧客位置に連動したショッピング情報等の提供や会計まで行かなくともクレジット決済できるサービスの実証実験、作業員やフォークリフト等の動線把握による作業効率と安全性向上のための実証実験を行っている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top